2016.AUT-004

自分のちからで冬遊びを進む。

キーンで遊びつくす冬

雪道を急誂えのゴム長靴で歩くなんて、それはちょっと勿体ない。歩く楽しさを味わえるウィンターブーツがせっかく登場したのだから。

雪国へ旅行する、明日は大雪の予報で通勤が心配…、ウィンターブーツはそんな日に割と慌てて選びがちだ。履いていて暖かいか?つま先は冷えないか?滑りにくいか?その辺りだけに気を付けて、足に合ったものを選ぶのは決して悪くない。でも、キーンのこのブーツならもっと、ワクワクしながら履けるはずだ。

キーンと言えば夏のサンダルのイメージが非常に強く、その特徴的な「つま先を守る」スタイルはもうお馴染みだろう。この冬ブーツ「ウィンターポート2」はそんな夏のイメージをそのままに、冬を楽しむため進化させたモデルだ。防水レザーと防水透湿性素材でしっかり雨雪の侵入を防ぎ、たっぷり入った竹炭入りの中綿でマイナス32度にまで対応。雪面をしっかりとらえるソールで安定した歩き心地、と、ここまではもはや当たり前。

この冬登場のプレミアムモデルは、「雪板」遊びを提唱する五明淳氏によるハイパフォーマンスバージョン。スケートボード、スノーボードに長けた五明氏は、ハンドメイドで板をシェイプした「雪板」で雪原を滑って楽しむ遊びを広め、その大事なパーツとして今回、ウィンターブーツのデザインを手がけた。好きな形に板を削って、好きな色に塗って、自分だけの一枚を作り上げて、お気に入りの斜面を滑り降りる。誰にも縛られず、好きなように、板と自分と雪だけで遊ぶ「雪板」。シンプルで少し難しく、ドキドキする遊び。自分で考え、作り上げる楽しさがそこにはある。

ウィンターブーツの基本も、同じなのだ。雪の上を、自分で歩きたい。何にも縛られず、交通ダイヤの乱れやケガの恐怖も関係なく、ただ白い大地を満喫したい。少し困難のある雪の道を、歩いてしまいたい。ちょっとした達成感と、非日常にワクワクしたい、そのための靴だったはずだ。五明氏の「ウィンターポート2」なら、そのことを毎回思い出せるだろう。

このブーツで踏み出す一歩は、すごく自由で、自分だけのもの。そんなふうに、一歩ごとに心を高揚させる「ウィンターポート2」を履かなきゃ、勿体ない。

 

 

ピックアップ記事

  1. アウトドアの未来を守る
  2. 自由のために無駄を脱ぎ捨てる。
  3. すぐそばにある、とうといもの。
  4. 休息は最大の前進。 スリーピングマットの選び方。
  5. 遊び方を操縦できる靴。

関連記事

  1. 2017.SPR-005

    常に、ためらわない。 新しくなり続ける89歳。

    先鋭的チャレンジをやめないスポルティバスポルティバの商標としてのス…

  2. 2016.SPR-003

    自由のために無駄を脱ぎ捨てる。

    シンプルで美しいアークテリクスのパックアークテリクスが誇る、耐候性…

  3. 2017.AUT-006

    こだわり勝負、ここに結実。

    テラノバのこだわりラン用パック世界最軽量のテントで名をはせるテラノ…

  4. 2017.AUT-006

    力に宿る美しさ。

    アークテリクスを選ぶということ芯のところに宿る美しさ世の女性た…

  5. 2017.AUT-006

    飛ぶように走る。

    飛ぶように走れるトレランシューズホカ オネオネ。変わった語感のブラ…

  6. 2016.AUT-004

    憧れが詰まった『とんがりテント』に泊まる秋。

    キャンプサイトのあこがれ集めるティピーテント「ピルツ」近頃のキャン…

最近の記事

Topics

  1. 炎に寄り添う、大切な時間。
  2. 感性のいざなうままに。
  3. 陸・海・空 アウトドアの輝き
  4. 力に宿る美しさ。
  5. 鍛え抜かれた温かさ
  1. 2016.SPR-003

    リブート・サレワ
  2. 2017.SPR-005

    コントロールされない、スマートさが欲しい。
  3. 2016.SPR-003

    老舗の新しい炎。
  4. 2016.SPR-003

    違うくつろぎ。新しい笑顔。
  5. 2016.SPR-003

    ミスター・ハセツネの情熱をまとう。
PAGE TOP