2016.SPR-003

  1. 違うくつろぎ。新しい笑顔。

    ユニフレームの「卓上」炭火焼きグリル抜けるような青空の下、河原や海辺、キャンプ場でワイワイと賑やかに肉を焼く。バーベキューのイメージはだいたいこんな感じだろ…

  2. お手入れは、あしたの準備。

    アウトドアギアのメンテナンスレインウェアやダウンジャケットは洗える、というのは確かに聞いたことがある気がする。でも、どうやって?慣れない…

  3. リブート・サレワ

    受け継がれ、変革するサレワこのロゴを昔見た気がする、でもどこか違う。サレワは80年以上も前、乗馬用の鞍製造を生業としてドイツに誕生した歴史あるブランドだ…

  4. 一歩を重ねるための一枚。

    ファイントラックのレイヤリングシステムアウトドアのウェアでは水分をいかに処理するかが重要、とは良く言われる事で、吸水・速乾力に優れたウェアを探したことが、誰…

  5. 老舗の新しい炎。

    プリムスの「キャンプファイア」歴史的背景なら、プリムスだってひけをとらない。スウェーデンにおいて無煙の灯油ストーブを始まりの一台とし、現在まで120年以…

  6. 自分の美意識に正直であること。

    オスプレーパックに見る「美」とのかかわりオスプレー創業者のマイケル・プフォテンハウアーは16歳の頃、早くも家族のために、母に裁縫を助けてもらいながら快適に背…

  7. 都市に生きる フロンティアスピリット

    都市のノースフェイス「アンリミテッド」ラインわたしたちは都市に生きている。都市は、安全と快適の集合体。よりよい暮らしを求めた人間の叡智が集まっている。そ…

  8. 自由のために無駄を脱ぎ捨てる。

    シンプルで美しいアークテリクスのパックアークテリクスが誇る、耐候性の高いポリウレタンコーディング技術と耐水ジッパー技術の粋を集め、作り上げられたのは非常にシ…

  9. 遊び方を操縦できる靴。

    スポルティバの名品アプローチシューズ三千メートルを超える山にスニーカーでは挑めないように、靴は行先によっていろいろと履き替える必要がある。どこを歩くため…

  10. ミスター・ハセツネの情熱をまとう。

    奥宮俊祐選手と共同開発、トレランのためのジャケットハセツネ、と聞いてピンとくるトレイルランナーには、ぜひ着てほしいジャケットがある。奥宮選手の情熱が凝縮され…

  1. 2016.AUT-004

    補給食が教えてくれた、自分自身のからだとの対話。
  2. 2016.SPR-003

    自由のために無駄を脱ぎ捨てる。
  3. 2017.SPR-005

    ジャパニーズ・スタイル・ なむちぇばざ~る。
  4. 2017.AUT-006

    動き続けるウェアで、自分を走り続ける。
  5. 2016.AUT-004

    もこもこ羊のスマートさ。
PAGE TOP