2016.SPR-003

一歩を重ねるための一枚。

ファイントラックのレイヤリングシステム

アウトドアのウェアでは水分をいかに処理するかが重要、とは良く言われる事で、吸水・速乾力に優れたウェアを探したことが、誰もが一度はあるだろう。
体が汗や雨の水分で濡れたまま冷えたら、パフォーマンスの低下どころか命の危険にもかかわるから、とにかくすぐに乾くものを。アウトドアウェア選びの第一歩でもあるこのニーズに、ファイントラックは12年前、一石を投じた。

ベースになるウェアの下にもう一枚、ファイントラックのアンダーウェアを着る。そんな、暑苦しい、とパッと思われがちなこの重ね着が、運動時の水分の処理に革命を起こしたのだ。

自ら「繊維バカ」を標榜するファイントラックの代表・金山洋太郎氏は、幼少時より熱心なアウトドアズマンであり、岩登りからカヤックまであらゆるアクティビティをとことんまで遊んできた一人だ。より安全に楽しく遊ぶためには運動時の快適さが重要との信念から、繊維のプロとしての力を総動員して、世界初の「耐久撥水」ウォータースポーツウエア・フラッドラッシュを04年、世に送り出す。

強力な撥水加工を施されたウェアが、汗を肌に戻さない。外からの濡れもはじいて、肌をドライに保つ。ぴったりとした肌着を1枚多く着ているのに、肌がサラサラというこの衝撃が、山や海で遊ぶ人々の間で話題となり、創業間もないファイントラックの名を世間に一気に知らしめた。

同時にファイントラックは、吸水性・蒸散性そして通気性に優れた素材をその上に重ね着することで、肌から離した水分を吸い上げ気体化して外部へ放出する仕組みを提案する。こうして雨雪の侵入を許さず汗はどんどん外へ出し、ウェアの内部を適温でドライに保つ重ね着を、ファイントラックは「5レイヤリング」と名付けた。

冷えによるパフォーマンスの低下や、天候への不安…コンディションへの懸念は、冒険心を鈍らせる。何の心配もなく次の一歩を踏み出すために、ファイントラックの重ね着を試してみようではないか。

  

ピックアップ記事

  1. もうすぐ父の日
  2. ただのマグなら、プレゼントしない
  3. 子供のようにわくわくするギア。
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. レイドライトの新生シューズ

関連記事

  1. COLUMN

    必要な部分しかない防水ジャケット

    必要なものしか持ちたくない。トレイルランニングだけでなく、ウルトララ…

  2. CAMPING

    涼風サイトをつくるファン

    無骨なんだけど爽やかな、いいやつ。誰からも好かれそうなそいつの名は、…

  3. ARC'TERYX

    アークテリクス ソフトシェル

    ソフトシェルってどんな上着?この上着はソフトシェルです、って…

  4. COLUMN

    BUFF UVバフ

    これからのスポーツ・ラン・登山の新常識コロナ対策で鬱屈しちゃ…

  5. CAMPING

    Freewatersの自由なサンダル

    水の季節にはやっぱりサンダル。豊かな雨の恵みの中をすこし歩いてみるの…

  6. CAMPING

    みんなで一緒にレトロX

    一度着ればわかる、その活躍度の高さ。これだけ愛されているレトロXシリ…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. 2017.AUT-006

    ぜんぶ落として、でも落とさない。
  2. CAMPING

    待ちに待った、キャンプのお祭り。
  3. 2018.SPR-007

    感性のいざなうままに。
  4. 2017.AUT-006

    掌に宿る、消えない炎。
  5. CAMPING

    ハートを入れるちいさなバッグ
PAGE TOP