2015.AUT-002

更新され続ける原点。アークテリクスに宿る始祖の力。

始祖鳥を掲げるということ

いつもアークテリクスが進化の先端

アークテリクスが誕生してまもなく四半世紀になるが、その間アウトドアの世界ではさまざまな新素材や画期的な技術が生まれ、ギアの進化に応用されてきた。その技術革新の最先端にいたのは、常にアークテリクスなのだ。

長い歴史をもつギアブランドから見れば後発ながらも、常に「そこまでやるか」と周囲を驚かせ続けてきた。
今ではよく見るようになった、水除けフラップを不要にした耐水ジッパーだったり、縫い目という強度的弱点を減らした圧着ラミネート技術であったり。
アクティビティを妨げないよう隅々までこだわり尽くした、どのブランドにも真似できないカッティング技術は、もはや立体裁断の一言では片付けられない次元に達している。
高い機能性のために無駄を捨て去り、シンプルに極まって形作られた素晴らしく美しいシルエットは、オーダースーツと並んで見劣りしない完成度を誇っている。
何より、自分のスタイルまで良く見えることが、着ればわかるのだ。

目的のためのジ・オリジン

極限のアルパインシーンを生き抜くための道具として、技術と素材、そしてデザインの力を惜しみなく投入して作られたアークテリクスのウェアたちは、ネーミングも個性的だ。
ラインナップの中核を成す高機能ウェアたちは、シビア環境・オールラウンド・軽量モデル・超軽量モデルなどの最適シチュエーションが一目でわかる用途記号とともに、アルファベットではない、その起源とも言えるギリシア文字の名を与えられている。

いかなる環境下においても最適な機能を発揮する、その目的だけを突き詰めた原初の形がこのウェアなのだ。
そんな自負すら感じる、シンプルでありながら強い名前ではないか。

アークテリクスの掲げる始祖鳥のブランドロゴは、恐竜から大空を翔る鳥へと自らを変えるスタートアイコンであり、アウトドアにおける革新の始祖としての象徴だ。
己を更新し進化し続ける、アークテリクスが宿すそのスピリットをこそ、ウェアを通じてこの身にまとい、肌に感じたい。

 

ピックアップ記事

  1. こだわり勝負、ここに結実。
  2. ジャパニーズ・スタイル・ なむちぇばざ~る。
  3. 動き続けるウェアで、自分を走り続ける。
  4. ナムチェのロゴ光る、150グラムの守り神。
  5. 更新され続ける原点。アークテリクスに宿る始祖の力。

関連記事

  1. 2017.SPR-005

    未来が形になった遊び道具。

    スントのリストップコンピュータがパワーUPスント新シリーズ「スパル…

  2. 2018.SPR-007

    炎に寄り添う、大切な時間。

    ノースフェイスが新しくする焚火の遊び方Never Stop Exp…

  3. 2016.SPR-003

    一歩を重ねるための一枚。

    ファイントラックのレイヤリングシステムアウトドアのウェアでは水分を…

  4. 2015.SPR-001

    アークテリクスが『靴』の概念を変える

    シューズまでアークテリクス心が惹かれるアークのシューズ緻密で繊…

  5. 2017.SPR-005

    常に、ためらわない。 新しくなり続ける89歳。

    先鋭的チャレンジをやめないスポルティバスポルティバの商標としてのス…

  6. 2016.AUT-004

    自分のちからで冬遊びを進む。

    キーンで遊びつくす冬雪道を急誂えのゴム長靴で歩くなんて、それはちょ…

最近の記事

Topics

  1. 炎に寄り添う、大切な時間。
  2. 感性のいざなうままに。
  3. 陸・海・空 アウトドアの輝き
  4. 力に宿る美しさ。
  5. 鍛え抜かれた温かさ
  1. 2017.SPR-005

    常に、ためらわない。 新しくなり続ける89歳。
  2. 2016.SPR-003

    子供のようにわくわくするギア。
  3. 2016.SPR-003

    都市に生きる フロンティアスピリット
  4. 2017.AUT-006

    飛ぶように走る。
  5. 2016.AUT-004

    ナムチェのロゴ光る、150グラムの守り神。
PAGE TOP