2015.AUT-002

更新され続ける原点。アークテリクスに宿る始祖の力。

始祖鳥を掲げるということ

いつもアークテリクスが進化の先端

アークテリクスが誕生してまもなく四半世紀になるが、その間アウトドアの世界ではさまざまな新素材や画期的な技術が生まれ、ギアの進化に応用されてきた。その技術革新の最先端にいたのは、常にアークテリクスなのだ。

長い歴史をもつギアブランドから見れば後発ながらも、常に「そこまでやるか」と周囲を驚かせ続けてきた。
今ではよく見るようになった、水除けフラップを不要にした耐水ジッパーだったり、縫い目という強度的弱点を減らした圧着ラミネート技術であったり。
アクティビティを妨げないよう隅々までこだわり尽くした、どのブランドにも真似できないカッティング技術は、もはや立体裁断の一言では片付けられない次元に達している。
高い機能性のために無駄を捨て去り、シンプルに極まって形作られた素晴らしく美しいシルエットは、オーダースーツと並んで見劣りしない完成度を誇っている。
何より、自分のスタイルまで良く見えることが、着ればわかるのだ。

目的のためのジ・オリジン

極限のアルパインシーンを生き抜くための道具として、技術と素材、そしてデザインの力を惜しみなく投入して作られたアークテリクスのウェアたちは、ネーミングも個性的だ。
ラインナップの中核を成す高機能ウェアたちは、シビア環境・オールラウンド・軽量モデル・超軽量モデルなどの最適シチュエーションが一目でわかる用途記号とともに、アルファベットではない、その起源とも言えるギリシア文字の名を与えられている。

いかなる環境下においても最適な機能を発揮する、その目的だけを突き詰めた原初の形がこのウェアなのだ。
そんな自負すら感じる、シンプルでありながら強い名前ではないか。

アークテリクスの掲げる始祖鳥のブランドロゴは、恐竜から大空を翔る鳥へと自らを変えるスタートアイコンであり、アウトドアにおける革新の始祖としての象徴だ。
己を更新し進化し続ける、アークテリクスが宿すそのスピリットをこそ、ウェアを通じてこの身にまとい、肌に感じたい。

 

ピックアップ記事

  1. BUFF UVバフ
  2. 鍛え抜かれた温かさ
  3. プリムス エッセンシャルトレイルストーブ
  4. ぜんぶ落として、でも落とさない。
  5. オンヨネ ハイブリッドマスク

関連記事

  1. COLUMN

    抗血栓繊維A.A.THの力が際立つとき

    だんだんわかってきた新型コロナウイルス感染症の本当の脅威。今注意が叫…

  2. 2016.AUT-004

    もこもこ羊のスマートさ。

    スマートウールの羊毛学ウールの秘密ウールがあたたかいなどという…

  3. COLUMN

    ナムチェバザールで手に入る本格サポーター。

    膝に、足首に悩みがある。でも歩きたいし、走りたいし、アウトドアを満喫し…

  4. 2017.SPR-005

    五感にかけられる魔法。

    魔法のウェア「フーディ二」ウェアに求めるコアの部分私たちは、ウ…

  5. 2017.AUT-006

    家族の手触り。

    ペンドルトンの歩み150年前のアメリカと言えばまだ、西部開拓時代の…

  6. CAMPING

    インド生まれの「映える」ジャグ

    丸みのあるフォルムが、どの方向からも日差しをとらえるから、ボディが輝…

最近の記事

Topics

  1. 飲める、注げる、万能マグ
  2. 無限大の秘密基地
  3. 必要な部分しかない防水ジャケット
  4. レイドライトの新生シューズ
  5. レイドライトキャンペーン
  1. 2016.AUT-004

    補給食が教えてくれた、自分自身のからだとの対話。
  2. 2017.SPR-005

    未来が形になった遊び道具。
  3. COLUMN

    パーゴワークス バディ16
  4. 2016.AUT-004

    自分のちからで冬遊びを進む。
  5. CAMPING

    パタゴニア マーケット・トート
PAGE TOP