2016.SPR-003

子供のようにわくわくするギア。

独創性あふれるパーゴワークスのアイテム

パーゴワークスというブランド名は「Let‘s Pack and GO!」からの造語だという。
荷物を詰めてさあ出かけよう、というあの高揚感をそのまま道具にしたような、独創的でわくわくするデザインのギアがラインナップにずらりと並んでいるブランドだ。

NINJAタープなどは、その独創性の代表みたいなアイテムだろう。手裏剣の形をしたタープだなんて、見ただけで心が躍る。いったいこれをどう使ってやろうか、発想力が刺激されるこのタープは、実はあまりタープの扱いに慣れていなくてもサッと張ることができ、縁に仕込まれたコードやジョイントポイントでさまざまなアレンジ張りが可能になっている。忍者のように変幻自在で、どんな形を作れるかと、タープを張る事そのものがすでに別の遊びのように楽しい。布一枚でこんなに盛り上がれるなんて、これが童心に帰るというやつか。

新しく開発されたチェストバッグ・スイングも、同様に自由な使い勝手が大きな魅力。確かに、荷物を背負って山歩きしていると、すぐ取り出したい小物を背から降ろすのは非常におっくうだ。胸からサッと取り出して、サッとしまう。遠い昔、遊びに必要なガラクタはなんでも入っていた自分のポケットの、身近な便利さを思い出す。地図に飲み物・行動食、スマホや薬、サングラスなんかも入ってしまう。大人になって、こんな立派なポケットを持って遊びに行けるようになったんだ、と、ちょっとくすぐったい思いもする。

ほかにも、気の利いた仕分けができるスタッフバッグや、フィールドの行き帰りでは絶対に使いやすいお財布、そして伸縮素材を使った新発想のパックなど、パーゴワークスのギアたちは本当に独創的だ。ありそうでなかった、でも誰もが「そう、これだよ!」と膝を打ちたくなるような、わかる人にはとても嬉しい機能とデザイン。今もわんぱくなハートを持つ大人は、Paagoの持つこの力に、静かに興奮してしまう。

 

軽量で悪天候にも強いチェストバック。ザックのストラップに取り付けられるほか、ショルダーバック・ヒップバックとしても独立して使える。

 

様々に張って、ペグダウンして、つなげて楽しめる自由自在なタープ。自分だけの張り方を編み出して楽しみたい。

ピックアップ記事

  1. 休息は最大の前進。 スリーピングマットの選び方。
  2. 常に、ためらわない。 新しくなり続ける89歳。
  3. snow peak スノーピークの話
  4. 補給食が教えてくれた、自分自身のからだとの対話。
  5. こだわり勝負、ここに結実。

関連記事

  1. 2017.SPR-005

    休息は最大の前進。 スリーピングマットの選び方。

    野外で安眠を満喫しようスリーピングマットの必要性テントで寝ると…

  2. 2017.AUT-006

    家族の手触り。

    ペンドルトンの歩み150年前のアメリカと言えばまだ、西部開拓時代の…

  3. 2016.AUT-004

    ナムチェのロゴ光る、150グラムの守り神。

    ナムチェバザールオリジナルアイテムただのポンチョではない。通常…

  4. 2017.SPR-005

    未来が形になった遊び道具。

    スントのリストップコンピュータがパワーUPスント新シリーズ「スパル…

  5. 2017.SPR-005

    自分の源流を見つめなおす。 本当にいい「水」摂取のススメ。

    身体と心に「いい」水分のとり方絶対に水を途切れさせてはいけない…

  6. 2015.AUT-002

    更新され続ける原点。アークテリクスに宿る始祖の力。

    始祖鳥を掲げるということいつもアークテリクスが進化の先端アーク…

最近の記事

Topics

  1. 炎に寄り添う、大切な時間。
  2. 感性のいざなうままに。
  3. 陸・海・空 アウトドアの輝き
  4. 力に宿る美しさ。
  5. 鍛え抜かれた温かさ
  1. 2016.AUT-004

    もこもこ羊のスマートさ。
  2. 2016.SPR-003

    自分の美意識に正直であること。
  3. 2017.AUT-006

    こだわり勝負、ここに結実。
  4. 2017.SPR-005

    常に、ためらわない。 新しくなり続ける89歳。
  5. 2015.AUT-002

    足に寄り添う、イタリアの靴づくり
PAGE TOP