2017.AUT-006

力に宿る美しさ。

アークテリクスを選ぶということ

芯のところに宿る美しさ

世の女性たちは、何を基準に自身のウェアを選んでいるのだろう。
アークテリクスを選ぶ女性を見ている限りでは、その最大の決め手は高い技術と機能性に裏付けられた、芯のところに宿る美しさであるように感じる。
華美に着飾るという事ではない。自分の内なる美意識としっかり呼応するものを選ぶ人が、アークテリクスを手に取っている。
アークテリクスはデザイン、素材、製造技術などアイテムの構成要素すべてに最高の力を注いでひとつひとつを作り上げており、そのほんの一工程である色の選択にすら、専門のデザイナーを擁して独特のカラーリングを展開する。
既に布やジッパーとして用意された素材の色に合わせるのではなく、たとえば同じ「白」でも雲の色であったり、雪の色であったり、あるいは流れ落ちる滝の飛沫の色であったりといった、カラーデザイナーが自然界の色からインスピレーションを得て選び出す微妙な色合いを、わざわざパーツのひとつに至るまで再現し用意するのだ。研ぎ澄まされた感性でアウトドアを体験しなければ出会えない色を伝えるために、アークテリクスは妥協をしない。

現代人が根底で欲する色、かたち

現代人は根底で、どこか閉塞的な自動化社会に疲れ、自然への回帰を希求している。
自分の奥底にある、いわばセンシティブな感性が、丁寧に紡ぎ出された自然の色を発見するのだろう。多くの女性がまず「きれいな色ね」とアークテリクスに惹きつけられる。
袖を通すと、背筋がぴんとしてとてもスマートに見えることもある。しかしそれは、本来の自分の姿だ。
アークテリクスを着たからと言って痩せるわけでも足が長くなるわけでもない。ただ、本来のあなたが秘める関節の動作を、今まで実現できていなかった筋肉の動きを、アークテリクスが存分に発揮させているだけ。身体が軽くなった気持ちになるのは、もちろん素材の重量が極限まで抑えられているせいでもあるけれど、それ以上に肉体が「動きにくさ」から解放されているからなのだ。

思うままに動いて活動する身体、アクティブにより解き放たれる、生きる力。それこそが誰もの目を引く美しさであり、アークテリクスはすべてのアイテムでこの力を支える。雪原で、稜線で、森の中で、そして都市で。どこであっても、アークテリクスは命を輝かせてくれるし、それを選ぶ人はやはり美しいのだ。

ピックアップ記事

  1. 愛しのバッグで買い物気分を上々に
  2. パタゴニア マーケット・トート
  3. snow peak スノーピークの話
  4. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  5. 今も未来も変わらない価値。

関連記事

  1. 2015.AUT-002

    更新され続ける原点。アークテリクスに宿る始祖の力。

    始祖鳥を掲げるということいつもアークテリクスが進化の先端アーク…

  2. CAMPING

    インド生まれの「映える」ジャグ

    丸みのあるフォルムが、どの方向からも日差しをとらえるから、ボディが輝…

  3. 2016.AUT-004

    自分のちからで冬遊びを進む。

    キーンで遊びつくす冬雪道を急誂えのゴム長靴で歩くなんて、それはちょ…

  4. CAMPING

    サロモン RXモック4.0

    ランニングやトレラン、登山で足にハードな思いをさせた後、このシューズ…

  5. CAMPING

    ただのマグなら、プレゼントしない

    家でいつも使っているマグカップを、サッと持ち歩いて、職場でも遊びでも…

  6. CAMPING

    寒さが楽しみ、自慢のストーブ

    年の瀬も迫ればそりゃあ、寒さも増してきます。今年の寒波はどうだとか、…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. CAMPING

    涼風サイトをつくるファン
  2. 2017.SPR-005

    未来が形になった遊び道具。
  3. CAMPING

    新生売場の話
  4. COLUMN

    グリベルロゴTシャツ
  5. 2016.AUT-004

    オールラウンドな一枚で過ごす、オールラウンドな一日。
PAGE TOP