2017.SPR-005

コントロールされない、スマートさが欲しい。

アークテリクスの考える、靴の「スマート」さ

靴のタフネスとは

アウトドアの靴は頑丈なほうが良い。靴を失うことは歩けなくなること、すなわちアクティビティがそこで終わってしまうから。
足を守ることは何より重視されるべきだが、じゃあ鉄板入りの戦車のような靴が良いのかと言えばそれも違う。アウトドアの靴につい求める「堅牢さ」、それは厚みのことだろうか。アークテリクスの新しいマルチなシューズはそう問いかけてくる。

自分をコントロールできる靴

重要なのは、靴に守られることではなく、靴を使いこなして危険を避けられるかどうかだ。
「NORVAN VT」は足を包み込み、ブレをなくす新しいボディで無駄なケガを回避できる。ソールはしっかりと雨の日でも大地を噛み、クライミングのテクニックをつま先で使えるから、足裏から自分をきちんと操れる感覚が楽しい。
防水の機能はゴアテックスという極薄のフィルムが担うのだから、厚みはまったく関係がない。アウトドアシューズに要求されるすべてが、この軽さと薄さの中に成り立っている。なぜ今まであの分厚いシューズにこだわっていたのか忘れてしまうほど、「NORVAN VT」を履いた瞬間にその軽さとしなやかさのとりこになるはずだ。

NORVANの楽しさをそのまま味わう

「NORVAN」とはアークテリクスの本拠地である、カナダ・バンクーバーのトレイルの名だ。滝をめぐる美しい、様々な表情をみせてくれるトレイルは、アークテリクスの機能美の源泉でもあり、「NORVAN VT」はその多様な自然を存分に楽しむための靴でもある。
里山を楽しむつもりで歩きだして、そのまま少し走ってもいい。トレイルでじっくり遊んだら街に降りて、地元の有機野菜をたっぷり使ったおしゃれなレストランへも靴を変えずに行こう。スマートな靴で持って帰ってきた今日の思い出をまるごと、仲間と語らう。雨の日の通勤だってこれで行くなら快適で、もっと歩きたくなるだろう。

靴に履かれて一歩が鈍るようでは、もったいない。「NORVAN VT」を履いて、自分の足を使いこなそう。
かかとの始祖鳥が翼をくれるから、後押しされてまた踊るように足が上がる。

明らかにほっそりと足を美しく見せてくれるシューズ。過剰な緩衝材を取り払い、凝り固まった靴への思い込みを捨てたおかげ。シューレースのワンタッチ調整でフィット感を変化させられる楽しみもある。

 

ピックアップ記事

  1. アウトドアスパイス ほりにし
  2. 心を紡ぐ、宝物を持つ。
  3. レイドライトの新生シューズ
  4. ハートを入れるちいさなバッグ
  5. 喜びと感謝を生んだ偉大な168Km

関連記事

  1. 2017.SPR-005

    今走り出す心のままに、軽やかに生きる。

    THE NORTH FACEのランの形春、スタートエンジンが点火す…

  2. 2017.AUT-006

    陸・海・空 アウトドアの輝き

    高いアウトドア・ポテンシャルを秘めた土地茨城県のもつ深く広い可能性…

  3. 2016.SPR-003

    一歩を重ねるための一枚。

    ファイントラックのレイヤリングシステムアウトドアのウェアでは水分を…

  4. COLUMN

    BUFF UVバフ

    これからのスポーツ・ラン・登山の新常識コロナ対策で鬱屈しちゃ…

  5. CAMPING

    AOクーラーズ キャンバスクーラー

    ソフトクーラー最強説いよいよ、日差しの季節!こうなると週末の…

  6. CAMPING

    スノーピーク HOME&CAMPバーナー

    心が躍る、おうちキャンプ筆頭ギア変形が楽しいわくわくの卓上コ…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. CAMPING

    ノースフェイス バークレーとバークレーミニ
  2. CAMPING

    ノースフェイス フューズボックス
  3. COLUMN

    すぐそばにある、とうといもの。
  4. 2017.AUT-006

    鍛え抜かれた温かさ
  5. 2016.SPR-003

    自由のために無駄を脱ぎ捨てる。
PAGE TOP