2017.AUT-006

鍛え抜かれた温かさ

パタゴニアが新しくする化繊中綿ジャケット

パタゴニアの研究開発センター「ザ・フォージ」

パタゴニアの研究開発センターは、その名を「ザ・フォージ」、鍛冶場と名付けられ、日々革新的な素材や技術の研究プロジェクトが、熱く鉄を打つように激しい議論と試行錯誤で鍛え上げられている。
今季この鍛冶場から産まれたのは、パタゴニア史上もっとも保温性に優れた、熱い化繊中綿「ハイパーDAS」だ。

ハイパーDASの保温力、復元力

熱を閉じ込める断熱空気層(Dead Air Space)にちなんで名づけられたハイパーDASは、パタゴニアの誇るポリエステル系の化繊中綿素材で、独自の構造により最小限の密度で最大限のロフトを実現。
このかさ高を維持することが、体の周りに空気の層を作って体温を保持し、温かさをもたらしてくれる。
ハイパーDASは保温力そのものもさることながら、とりわけロフトの「復元力」が優れており、ぎゅうと圧縮された状態からもすぐにそのかさ高を回復させる。
湿った状態にもめっぽう強く、雪による濡れに悩まされる冬場にはその力を十分に見せつけてくれることだろう。

アウトドアウェアに求められる保温性能

残念ながら、寒さへの耐性と言うのは根性論でどうにかなるものではない。
人体が自ら生み出す熱には限界があり、それをいかに包み込んで体の周りに留まらせることができるかがアウトドアウェアに求められる保温性能である。
代表的な保温素材であるダウンは、重量に対する「かさ高」が高く、乾燥したコンディションではベストチョイス。だが湿度には極端に弱く、濡れるとかさ高を保てないばかりか乾燥しにくいので保温性能が回復しない、吸った水分の分重くなりもする。一度雨に降られると途端に弱点だらけになってしまう。

ハイパーDASという化繊中綿を選択する

変わりやすい環境下ではやはり、化繊中綿を選択するのが賢いように思えるが、難点は重さだった。同じ保温性能=かさ高を期待しようとすると、どうしてもダウンほど軽くならず、コンパクトにもならなかったので、荷物の重量を数グラム単位で気にする時はつい敬遠してしまっていた。それを今季の「ハイパーDAS」は乗り越えようとしているのだから、使ってみない手はないだろう。
濡れ・冷えの過酷な掛け算もものともしない、技術の足し算。鍛え抜かれた温かさが、寒さの中で本領を発揮するアクティビストたちに、軽やかさと熱をプレゼントしてくれる。

 

 湿った環境下でも驚異のロフト維持力を誇る化繊中綿「ハイパーDAS」を封入。極寒の雪遊びを存分に満喫しよう。
Patagonia
ハイパーパフフーディ
¥38,000+税

ピックアップ記事

  1. 家族の手触り。
  2. 感性のいざなうままに。
  3. 常に、ためらわない。 新しくなり続ける89歳。
  4. 価値をつなげる。
  5. 自分の源流を見つめなおす。 本当にいい「水」摂取のススメ。

関連記事

  1. 2016.SPR-003

    リブート・サレワ

    受け継がれ、変革するサレワこのロゴを昔見た気がする、でもどこか違う…

  2. 2017.SPR-005

    未来を変える、新世代繊維。

    新世代繊維「A.A.TH」A.A.THテクノロジー人類がまだ出…

  3. 2016.SPR-003

    ミスター・ハセツネの情熱をまとう。

    奥宮俊祐選手と共同開発、トレランのためのジャケットハセツネ、と聞い…

  4. 2017.SPR-005

    休息は最大の前進。 スリーピングマットの選び方。

    野外で安眠を満喫しようスリーピングマットの必要性テントで寝ると…

  5. 2017.AUT-006

    陸・海・空 アウトドアの輝き

    高いアウトドア・ポテンシャルを秘めた土地茨城県のもつ深く広い可能性…

  6. 2016.AUT-004

    今も未来も変わらない価値。

    シエラデザインの不朽の名作ロクヨンの生まれた日ヒッピー…

最近の記事

Topics

  1. 炎に寄り添う、大切な時間。
  2. 感性のいざなうままに。
  3. 陸・海・空 アウトドアの輝き
  4. 力に宿る美しさ。
  5. 鍛え抜かれた温かさ
  1. 2017.AUT-006

    最高峰へ、自分を連れ出す。
  2. 2017.AUT-006

    ぜんぶ落として、でも落とさない。
  3. 2016.AUT-004

    極地へ挑むハートを着る。
  4. 2017.AUT-006

    動き続けるウェアで、自分を走り続ける。
  5. 2016.SPR-003

    自分の美意識に正直であること。
PAGE TOP