CAMPING

シェラカップに思いを込めて

キャンプの食卓に、トレッキングでのブレイクタイムに。アウトドアでの「食器」として今や筆頭格の愛されクッカーであるシェラカップ。もう既にいくつか持っていても、つい欲しくなる、ユニフレームの35周年モデルはそんなシェラカップだと思う。

ユニークな炎(フレーム)を創造するという理念のもと、1985年に生まれたUNIFLAME。日本のキャンプシーンを第一に考え続けてきたユニフレームが、35周年の節目に出すのは、ただの記念刻印のシェラカップというだけじゃない。誰かのためになるシェラカップだ。

この35周年シェラカップの売上の一部は、キャンプ場を助けるための寄付金になる。
2020年、キャンプはブームを巻き起こしたが、実際には多くのキャンプ場が新型コロナウイルス感染症に振り回され、キャンセル対応や感染症対策のために、見えないところで苦しい努力を強いられてきた。
せっかく生まれたキャンプを楽しむ空気を、このまま一緒に未来へと繋いでいけたら…。遊ばせてもらうばかりでなく、手助けもしながら、一緒に歩んでいきたい。そんな意思表示を感じられる「刻印」をもったシェラカップ。

同じに使うなら、この刻印をサイトのデイジーチェーンにぶら下げたい。あったかいスープを飲み干すたび、この刻印にまた出会って、2020年を思い出しながら生まれた気持ちもかみしめたい。ハートがのっかるような、背景のあるシェラカップだから、単なる道具じゃないって感じがして、選びたくなるんだと思う。

自分も楽しい、そして誰かも楽しいと良い。シェラカップひとつのことだけど、でもこの気持ちはずっと持っていたいものだなあ。なんて格好つけながら、誰かの分まで「刻印」入りを探すのだ。

ピックアップ記事

  1. アウトドアスパイス ほりにし
  2. 違うくつろぎ。新しい笑顔。
  3. 必要な部分しかない防水ジャケット
  4. 掌に宿る、消えない炎。
  5. アークテリクスが『靴』の概念を変える

関連記事

  1. CAMPING

    ノースフェイス キッズアイテム

    元気ウェアに衣替えうすぐ「こどもの日」だし、そうでなくても元…

  2. 2015.AUT-002

    更新され続ける原点。アークテリクスに宿る始祖の力。

    始祖鳥を掲げるということいつもアークテリクスが進化の先端アーク…

  3. 2016.AUT-004

    憧れが詰まった『とんがりテント』に泊まる秋。

    キャンプサイトのあこがれ集めるティピーテント「ピルツ」近頃のキャン…

  4. COLUMN

    必要な部分しかない防水ジャケット

    必要なものしか持ちたくない。トレイルランニングだけでなく、ウルトララ…

  5. CAMPING

    日本人の魂に響く飯盒

    みんなが惹かれるのには、わけがある。今やクッカーの超定番にすらなった…

  6. 2016.SPR-003

    自分の美意識に正直であること。

    オスプレーパックに見る「美」とのかかわりオスプレー創業者のマイケル…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. 2017.SPR-005

    コントロールされない、スマートさが欲しい。
  2. CAMPING

    ユニフレーム ユニセラミニ
  3. CAMPING

    寒さが楽しみ、自慢のストーブ
  4. CAMPING

    ユニフレーム羽釜5号炊き&テーブルトップバーナー
  5. CAMPING

    感謝の気持ちが詰まったギア
PAGE TOP