2017.SPR-005

五感にかけられる魔法。

魔法のウェア「フーディ二」

ウェアに求めるコアの部分

私たちは、ウェアに何を求めるだろう。
人が衣をまとい、ファッションとしてそれを確立させてきた歴史の中、最重要視されたのは果たして見た目だけだろうか?フーディニはその表層に留まらずもっと深いところ、人間の感覚や魂といったコアな部分での快適さを満たすために、究極の着心地を目指したウェアを開発している。

極上の着心地、肌触り

フーディニを代表する絶品のフリース「パワーフーディ」。ぜひ一度、素肌でその感触を確かめてみてほしい。
幼い日、顔をうずめた柔らかな毛布のような、いや、それよりもっとしなやかに体を包み込む、この心地よさ。暑すぎず、しかし寒さも感じない不思議な温感は、アウトドアでさっと冷えを防ぐためには通年で最適の一枚だろう。そして体に寄り添うのに、きつく締められている感じはひとつもない。確かに「着て」いるのに、なぜか裸のように体は自由であることに驚く。
メリノウールを混紡したTシャツも同様に、信じられないほど快適な肌触りだ。敏感な素肌でも、このTシャツにならすっと馴染むはず。もし眠い朝に目をこすりながら手触りだけで下着を選ぶなら、間違いなく毎日この一枚を着てしまうだろう。体がウェアに吸い寄せられ、汗はどこかへ取り除かれて、ウェアと体は一体になる。

着ているのに、裸のように

ストレスなくウェアを着るということが、目の前の出来事に体と精神を集中させ、パフォーマンスを向上させる。暑い、寒い、ベタつく、きつい、緩い、破れた…そうした不要な雑念を一切抱く必要がなければ、純粋な気持ちだけでアクティビティを楽しめる。
フーディニの目指す着心地とは、単にストレッチ性や透湿性だけのことではなく、肉体を深いところまで快適に守るということ、そしてその分、むき出しの魂でアウトドアを体験できるということなのだ。

フーディニとは、脱出マジックを得意とした著名なマジシャンの名が由来だという。コア・コンフォート、身体と魂のための真の快適性という魔法を用いて、フーディニはアウトドアを愛するすべてのアクティビストを、不快の拘束具から解き放ってくれる。

 

天然素材の混紡生地Tシャツは極薄でソフトな着心地、耐久性に優れ、暑い時期のトレッキングや普段着のアンダーとして手放せなくなる一枚。これとパワーフーディーの組み合わせは、最強のコンフォート・タッグだ。

ピックアップ記事

  1. こだわり勝負、ここに結実。
  2. 更新され続ける原点。アークテリクスに宿る始祖の力。
  3. 掌に宿る、消えない炎。
  4. snow peak スノーピークの話
  5. 喜びと感謝を生んだ偉大な168Km

関連記事

  1. 2016.SPR-003

    お手入れは、あしたの準備。

    アウトドアギアのメンテナンスレインウェアやダウンジャケ…

  2. 2017.AUT-006

    鍛え抜かれた温かさ

    パタゴニアが新しくする化繊中綿ジャケットパタゴニアの研究開…

  3. 2017.SPR-005

    炎のやさしさを手仕事で伝える伝道師。

    UNIFLAMEと炎の歴史ガスと炎とユニフレームユニフレームは…

  4. 2017.SPR-005

    自分の源流を見つめなおす。 本当にいい「水」摂取のススメ。

    身体と心に「いい」水分のとり方絶対に水を途切れさせてはいけない…

  5. 2016.AUT-004

    極地へ挑むハートを着る。

    ノースフェイスのハイパワージャケットその名も南極パーカ。それは…

  6. 2017.SPR-005

    常に、ためらわない。 新しくなり続ける89歳。

    先鋭的チャレンジをやめないスポルティバスポルティバの商標としてのス…

最近の記事

Topics

  1. 炎に寄り添う、大切な時間。
  2. 感性のいざなうままに。
  3. 陸・海・空 アウトドアの輝き
  4. 力に宿る美しさ。
  5. 鍛え抜かれた温かさ
  1. 2016.AUT-004

    補給食が教えてくれた、自分自身のからだとの対話。
  2. 2017.SPR-005

    炎のやさしさを手仕事で伝える伝道師。
  3. 2015.SPR-001

    アークテリクスが『靴』の概念を変える
  4. 2016.SPR-003

    ミスター・ハセツネの情熱をまとう。
  5. 2016.SPR-003

    自由のために無駄を脱ぎ捨てる。
PAGE TOP