2016.SPR-003

遊び方を操縦できる靴。

スポルティバの名品アプローチシューズ

三千メートルを超える山にスニーカーでは挑めないように、靴は行先によっていろいろと履き替える必要がある。
どこを歩くために何を強化して作られた靴なのか、それは自分の目的と足の形にぴったり合うのか、靴選びにおいてはそこを一番重要視すべき。だが、いざ自分で靴を買うとなると、そこまではっきりとビジョンが見えていないこともよくあるものだ。

アプローチシューズと言われて、用途を明確に理解できている人の方が少数だろう。
元々はクライマーのために、目的地である岩場までの道のりを快適に歩くという用途で開発された靴だが、ローカットの登山靴や、もっと言えばウォーキングの靴などともさして違わないようにも見える。スポルティバがこの春打ち出す「トラバースX」シリーズは、そう感じるのももっともな、様々な靴の目的や特徴を掛け合わせた、いいとこどりシューズだ。

登山靴の堅牢性や安定性を持ちつつ、トレイルランニングシューズから導入された衝撃吸収性や柔軟性を併せ持ち、かつクライミングシューズ由来の高グリップ力ソールを備えるという、3つの要素がミックスされたシューズ。足をしっかり守り、岩場も気にならない安定歩行を可能にしながら、軽くて蒸れにくく、足にやわらかくフィットする。

こんな靴を履いたら、逆に様々な行先が見えてくる。もちろん岩場へは行くとして、しかし予定していなかった近所の山から、街を見下ろす気分になるかもしれない。意外と滑りやすい雨の街の石畳を、ギュッと踏みしめ出かけたくなるかもしれない。イタリア産まれの靴だからか、スニーカーには感じる事のない伊達な趣は、次の旅行で見せびらかしたくなってしまうかも。サッと動ける軽やかさは、家族との自然散策で良い所を見せるにはもってこいだろう。

一足でこんなにビジョンがふくらむなんて、これはもうアプローチシューズとは言えない。いろんな遊び方を、「トラバース」すなわち横断して、クロスする。あっちへこっちへと自分を、そう、きっと3倍くらい連れ出してくれる、お楽しみシューズの誕生だ。

 

ピックアップ記事

  1. イヴォン・シュイナードの魂を継ぐ『道具屋』
  2. お手入れは、あしたの準備。
  3. 陸・海・空 アウトドアの輝き
  4. ユニフレーム ユニセラミニ
  5. ミスター・ハセツネの情熱をまとう。

関連記事

  1. CAMPING

    オッターボックス エレベーションマグ14

    ここまでやっちゃうマグカップ保温してくれるマグカップはけっこ…

  2. CAMPING

    グラミチ ショートパンツ

    グラパンがなくちゃ、はじまらない!グラパンがなくちゃ、はじま…

  3. 2017.SPR-005

    コントロールされない、スマートさが欲しい。

    アークテリクスの考える、靴の「スマート」さ靴のタフネスとはアウ…

  4. 2017.AUT-006

    鍛え抜かれた温かさ

    パタゴニアが新しくする化繊中綿ジャケットパタゴニアの研究開…

  5. CAMPING

    スノーピーク マナイタセット

    天才の発想…安全と便利が一体化キャンプの包丁問題、これで一件…

  6. 2017.SPR-005

    未来を変える、新世代繊維。

    新世代繊維「A.A.TH」A.A.THテクノロジー人類がまだ出…

最近の記事

Topics

  1. スノーピーク ローチェア30
  2. 抗血栓繊維A.A.THの力が際立つとき
  3. ノースフェイス キッズショルダーポーチ
  4. ナムチェバザールで手に入る本格サポーター。
  5. パーゴワークス スナップ
  1. CAMPING

    オッターボックス ベンチャークーラー
  2. 2017.AUT-006

    家族の手触り。
  3. 2016.AUT-004

    あたたかさは巡る、やさしさも巡る。
  4. CAMPING

    ヘリノックス×ペンドルトン コラボチェア
  5. 2017.SPR-005

    常に、ためらわない。 新しくなり続ける89歳。
PAGE TOP