2016.SPR-003

遊び方を操縦できる靴。

スポルティバの名品アプローチシューズ

三千メートルを超える山にスニーカーでは挑めないように、靴は行先によっていろいろと履き替える必要がある。
どこを歩くために何を強化して作られた靴なのか、それは自分の目的と足の形にぴったり合うのか、靴選びにおいてはそこを一番重要視すべき。だが、いざ自分で靴を買うとなると、そこまではっきりとビジョンが見えていないこともよくあるものだ。

アプローチシューズと言われて、用途を明確に理解できている人の方が少数だろう。
元々はクライマーのために、目的地である岩場までの道のりを快適に歩くという用途で開発された靴だが、ローカットの登山靴や、もっと言えばウォーキングの靴などともさして違わないようにも見える。スポルティバがこの春打ち出す「トラバースX」シリーズは、そう感じるのももっともな、様々な靴の目的や特徴を掛け合わせた、いいとこどりシューズだ。

登山靴の堅牢性や安定性を持ちつつ、トレイルランニングシューズから導入された衝撃吸収性や柔軟性を併せ持ち、かつクライミングシューズ由来の高グリップ力ソールを備えるという、3つの要素がミックスされたシューズ。足をしっかり守り、岩場も気にならない安定歩行を可能にしながら、軽くて蒸れにくく、足にやわらかくフィットする。

こんな靴を履いたら、逆に様々な行先が見えてくる。もちろん岩場へは行くとして、しかし予定していなかった近所の山から、街を見下ろす気分になるかもしれない。意外と滑りやすい雨の街の石畳を、ギュッと踏みしめ出かけたくなるかもしれない。イタリア産まれの靴だからか、スニーカーには感じる事のない伊達な趣は、次の旅行で見せびらかしたくなってしまうかも。サッと動ける軽やかさは、家族との自然散策で良い所を見せるにはもってこいだろう。

一足でこんなにビジョンがふくらむなんて、これはもうアプローチシューズとは言えない。いろんな遊び方を、「トラバース」すなわち横断して、クロスする。あっちへこっちへと自分を、そう、きっと3倍くらい連れ出してくれる、お楽しみシューズの誕生だ。

 

ピックアップ記事

  1. 愛しのバッグで買い物気分を上々に
  2. 無限大の秘密基地
  3. 休息は最大の前進。 スリーピングマットの選び方。
  4. ユニフレーム ソロサイズアイテム
  5. 常に、ためらわない。 新しくなり続ける89歳。

関連記事

  1. COLUMN

    モルテン ドリンクミックス&ジェル

    次世代のスポーツ飲料日本代表を決める大レース・MGCで、ある…

  2. CAMPING

    飲める、注げる、万能マグ

    大きくて、しっかり。持った感じからして、他とはちがう。国内ではまだあ…

  3. CAMPING

    ノースフェイス バークレーとバークレーミニ

    子供の背中ってよく見る気がする。わーっ、と走り出す元気な姿を見守って…

  4. COLUMN

    パタゴニア パタロハ

    今年のパタロハに託された意味今年のパタゴニア・アロハ「パタロ…

  5. CAMPING

    グラミチ ショートパンツ

    グラパンがなくちゃ、はじまらない!グラパンがなくちゃ、はじま…

  6. 2015.AUT-002

    サガルマータ Namche Bazar OUTDOOR STYLE MAGAZINE

    ナムチェバザールがお届けしたいのは、根源の価値とスピリ…

最近の記事

Topics

  1. 飲める、注げる、万能マグ
  2. 無限大の秘密基地
  3. 必要な部分しかない防水ジャケット
  4. レイドライトの新生シューズ
  5. レイドライトキャンペーン
  1. CAMPING

    涼風サイトをつくるファン
  2. 2016.AUT-004

    極地へ挑むハートを着る。
  3. CAMPING

    ユニフレーム羽釜5号炊き&テーブルトップバーナー
  4. COLUMN

    今年はリミテッドな一枚を
  5. 2016.SPR-003

    ミスター・ハセツネの情熱をまとう。
PAGE TOP