CAMPING

デナリを着こなす

ノースフェイスの冬のアイコン、デナリジャケット。シンプルなフリースジャケットだけど、これを着こなしてこそのアウトドアファッショニスタって感じがある。なんでこの一枚だけが特別なんだろう。

もう、名前からして良いなと思う。「フリース」とかいっさい自分からは名乗らない。あくまで自分はデナリ、他でもない北米最高峰の山のスピリットを宿しています、そのへんのフリースたちとは違うのです、といった誇り高ささえ感じられる。

もともとは30年も前に、しかも極地遠征向けに開発された、アルピニズム溢れる保温ウェアだ。今でこそ街中で愛されてはいるが、そのスペックは冒険者の身体を守るためのもの。
だから本体のフリース素材は、タフでしっかりとあたたかい。現在はリサイクルペットボトルから生み出されるエコなフリースになっているが、その頼もしさはずっと不変だ。

そして、デナリの特徴ともいえる切り替えデザイン。フリースは摩擦に弱く、アルピニストが背負うザックのショルダーハーネス部分にダメージを受けやすいのが難点だった。肩部分のスレ、破けを補い、またよく動かす肘から袖口を守るためのパッチとして、必要があってこの切り替えデザインは生まれたのだ。

背景を知っていると、着こなしも変わる。切り替えパッチ部分はガッシガシに使ってもへこたれないとわかっているし、他よりずっしり感じるほどのボディは極地でも冒険者をあたためてきた厚みだと理解できるから。裾のコードも袖口の引き締まりも、寒風が入り込んでくるのを、あるいは暖かい空気が外に逃げてしまうのを防ぐため。ごつめのジッパーは手袋をしていても操作しやすいように、だろう。そういうふうに、着ればいいんだ。

そういうふうに、そのへんのフリースとはぜんぜん違うデナリを着こなす。ぜんぜん、寒さなんて感じない。なんたって、ウェアの中は冒険心で熱くなっているんだから。

ノースフェイスの人気アイテムがお得に買えるチャンス。ナムチェバザールのウィンターセールをチェック↓

ピックアップ記事

  1. 心も舞わせるフリスビー
  2. アークテリクスが『靴』の概念を変える
  3. 心を紡ぐ、宝物を持つ。
  4. 更新され続ける原点。アークテリクスに宿る始祖の力。
  5. 補給食が教えてくれた、自分自身のからだとの対話。

関連記事

  1. CAMPING

    アイスブレーカー テックライトTシャツ

    Tシャツってつい、お気に入りのものをヘビロテで着ちゃう。このアイスブ…

  2. 2018.SPR-007

    炎に寄り添う、大切な時間。

    ノースフェイスが新しくする焚火の遊び方Never Stop Exp…

  3. CAMPING

    スノーピーク マナイタセット

    天才の発想…安全と便利が一体化キャンプの包丁問題、これで一件…

  4. CAMPING

    ノースフェイス フューズボックス

    四角いコイツ、一度は見かけた事があるハズ。ノースフェイスの「フューズ…

  5. CAMPING

    グダーで新しい夏

    何事も「こうでなきゃ」では堅苦しいもの。スポーツサングラスも、あれじ…

  6. 2017.AUT-006

    家族の手触り。

    ペンドルトンの歩み150年前のアメリカと言えばまだ、西部開拓時代の…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. 2016.SPR-003

    一歩を重ねるための一枚。
  2. 2017.AUT-006

    力に宿る美しさ。
  3. CAMPING

    U-C-Oを受け継ぐ灯り
  4. CAMPING

    ただのマグなら、プレゼントしない
  5. 2017.SPR-005

    今走り出す心のままに、軽やかに生きる。
PAGE TOP