CAMPING

ノースフェイス フューズボックス

四角いコイツ、一度は見かけた事があるハズ。
ノースフェイスの「フューズボックス」、今は改良版の2になって、全然アウトドアなんかやらない人にも愛されまくっている。

ノースフェイスのパックと言えば、昔からトレッキング界隈に留まらない人気があった。
ビッグショットやホットショットをこぞって学生たちが背負った時代があったし、キッズの可愛いリュックサックは遠足時期に引っ張りだこ。
どんな人にも訴求していく、ノースフェイスの「ニーズをキャッチする力」は凄いなあ、と素直に思う。

フューズボックスが巷の視線を集めたのはまず、そのカタチ。まさにボックス。
とにかく物が入れやすい、そしてタフな耐水ファブリックのお陰で荷崩れしない。
なので、書類やパソコンみたいな、意外と角ばった荷物の多い、学生さんや社会人が一番に反応した。

背負いにくそう、なんて思われていたけど、そんな心配をノースが放っておくわけがない。
今の「2」になってからは、一段と背負い心地も良くなったし、肩への負担がさらに楽チンに。背負ったまま自転車に乗りやすくなった、って声もよく聞く。

中のオーガナイザーが外して使えたり、ポケットやデイジーチェーンで小物をたくさん収納できたりして、かなり小技も効いている。
最近は小さく畳めるテーブルとか椅子とか、コンパクトなキャンプ道具も多いから、コイツにパックできるアイテム、って縛りでキャンプの計画してみてもいいな、そんな使い方だってあり。

明日も通勤電車で背負うこいつに、遊びの道具は入れたまま、ノートパソコンと書類だけ追加して。
外のデイジーチェーンにうっかり、カラビナとお気に入りのギアがぶら下がったままでもまあ、面白いやつ、って思ってもらえるんじゃないかなあ。

ノースフェイス フューズボックスはこちらから

https://namchebazar.co.jp/nm82000/ ‎

ピックアップ記事

  1. オールラウンドな一枚で過ごす、オールラウンドな一日。
  2. 子供のようにわくわくするギア。
  3. 休息は最大の前進。 スリーピングマットの選び方。
  4. 補給食が教えてくれた、自分自身のからだとの対話。
  5. ナムチェバザールで手に入る本格サポーター。

関連記事

  1. CAMPING

    オンヨネ ハイブリッドマスク

    新世代マスク予約受付中新型コロナウイルス流行によるマスク不足…

  2. 2016.SPR-003

    老舗の新しい炎。

    プリムスの「キャンプファイア」歴史的背景なら、プリムスだってひけを…

  3. 2017.SPR-005

    価値をつなげる。

    アウトドアを愛する心を共有しあうインターネットは世界中を繋ぎ、今や…

  4. 2017.SPR-005

    未来を変える、新世代繊維。

    新世代繊維「A.A.TH」A.A.THテクノロジー人類がまだ出…

  5. 2017.AUT-006

    家族の手触り。

    ペンドルトンの歩み150年前のアメリカと言えばまだ、西部開拓時代の…

  6. 2016.SPR-003

    遊び方を操縦できる靴。

    スポルティバの名品アプローチシューズ三千メートルを超える山にスニー…

最近の記事

Topics

  1. 愛しのバッグで買い物気分を上々に
  2. すぐに使いたくなるワンパック
  3. インド生まれの「映える」ジャグ
  4. 美味しさを外に連れていく
  5. 心も舞わせるフリスビー
  1. 2016.SPR-003

    一歩を重ねるための一枚。
  2. CAMPING

    ノースフェイス キッズショルダーポーチ
  3. 2016.AUT-004

    オールラウンドな一枚で過ごす、オールラウンドな一日。
  4. COLUMN

    グリベルロゴTシャツ
  5. CAMPING

    アイスブレーカー テックライトTシャツ
PAGE TOP