2016.AUT-004

ナムチェのロゴ光る、150グラムの守り神。

ナムチェバザールオリジナルアイテム

ただのポンチョではない。
通常、ポンチョは風にあおられるなどの不都合があるため、アウトドアアクティビティでの雨具としては推奨されていない。上下別になった、動きやすいジャケット&パンツスタイルのレインウェアを、特に登山向けにはすすめられるだろう。

だが、このポンチョなら話は違ってくる。最大の強みは、サッと羽織れること、そして驚異的な軽さだ。
レインウェアはどうしても完全武装が前提で、微妙な降雨具合であってもしっかり着こんでジッパーを閉め、パンツを重ね履きし、自分の体を濡らさない密封状態をつくる必要がある。だが、ファスト&ライトなスタイルで、あるいはトレイルランナーとして、スピーディーに行動している場合はどうだろう。とんでもない降水量であれば停滞するし、そうでなければずぶ濡れを回避するだけで充分。完全武装よりも、移動のスピードを落とさないことが最優先で、そんなシーンではこのポンチョが最強装備となるのだ。

ザックを背負ったまま、直感的にすっぽりとかぶれるポンチョ。ザックのレインカバーを出す必要もなく、立ち止まらずに防水装備が一瞬で完成する。素早い行動や強めの風にもあおられないよう、ウェスト部はしっかりとベルトで止められ、フードも頭部にフィットするよう調整可能。さらにはボタン使いひとつで袖を作ることができ、腕ふり時にも鬱陶しさがない。高機能の防水透湿性素材を使用しながら、全体重量わずか150グラムというビニールポンチョなみの軽さで、速やかな行動を後押ししてくれる。

使わないときは胸部のポケットに本体を押し込めるパッカブルタイプだが、羽織らず広げて使うことで、ミニタープのような使い方もできる。緊急ビバークの際にも簡易ツェルトとして役立つだろう。こんな万能雨具が、果たして今まであっただろうか。

スピードハイカーを自認する熟練者にはもちろんのこと、まだ高価なレインウェアを手にとることに躊躇いがある入門ハイカーにも、この軽やかさと快適さを体験してほしい。安心をザックに入れるつもりで、ナムチェのロゴが輝く、150グラムのポンチョを装備に加えよう。

 

ピックアップ記事

  1. コーヒー通のためのセット
  2. 母の日コーデ
  3. リブート・サレワ
  4. 極地へ挑むハートを着る。
  5. 五感にかけられる魔法。

関連記事

  1. CAMPING

    ノースフェイスの爽やかポロシャツ

    父の日のプレゼント、けっこうポロシャツが人気です。襟が「きちんと感」…

  2. ARC'TERYX

    アークテリクス NEWアロー

    アローたちせいぞろいアローシリーズ、そのカッコよさについて…

  3. 2017.SPR-005

    今走り出す心のままに、軽やかに生きる。

    THE NORTH FACEのランの形春、スタートエンジンが点火す…

  4. CAMPING

    グダーで新しい夏

    何事も「こうでなきゃ」では堅苦しいもの。スポーツサングラスも、あれじ…

  5. 2017.AUT-006

    掌に宿る、消えない炎。

    フュアーハンドランタンをみつめる100年を越えて愛され続けるランタ…

  6. CAMPING

    ノースフェイス フューズボックス

    四角いコイツ、一度は見かけた事があるハズ。ノースフェイスの「フューズ…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. 2016.SPR-003

    遊び方を操縦できる靴。
  2. ARC'TERYX

    アークテリクス NEWアロー
  3. 2017.AUT-006

    アウトドアの未来を守る
  4. CAMPING

    ノースフェイス キッズアイテム
  5. CAMPING

    ヘリノックス×ペンドルトン コラボチェア
PAGE TOP