2016.AUT-004

ナムチェのロゴ光る、150グラムの守り神。

ナムチェバザールオリジナルアイテム

ただのポンチョではない。
通常、ポンチョは風にあおられるなどの不都合があるため、アウトドアアクティビティでの雨具としては推奨されていない。上下別になった、動きやすいジャケット&パンツスタイルのレインウェアを、特に登山向けにはすすめられるだろう。

だが、このポンチョなら話は違ってくる。最大の強みは、サッと羽織れること、そして驚異的な軽さだ。
レインウェアはどうしても完全武装が前提で、微妙な降雨具合であってもしっかり着こんでジッパーを閉め、パンツを重ね履きし、自分の体を濡らさない密封状態をつくる必要がある。だが、ファスト&ライトなスタイルで、あるいはトレイルランナーとして、スピーディーに行動している場合はどうだろう。とんでもない降水量であれば停滞するし、そうでなければずぶ濡れを回避するだけで充分。完全武装よりも、移動のスピードを落とさないことが最優先で、そんなシーンではこのポンチョが最強装備となるのだ。

ザックを背負ったまま、直感的にすっぽりとかぶれるポンチョ。ザックのレインカバーを出す必要もなく、立ち止まらずに防水装備が一瞬で完成する。素早い行動や強めの風にもあおられないよう、ウェスト部はしっかりとベルトで止められ、フードも頭部にフィットするよう調整可能。さらにはボタン使いひとつで袖を作ることができ、腕ふり時にも鬱陶しさがない。高機能の防水透湿性素材を使用しながら、全体重量わずか150グラムというビニールポンチョなみの軽さで、速やかな行動を後押ししてくれる。

使わないときは胸部のポケットに本体を押し込めるパッカブルタイプだが、羽織らず広げて使うことで、ミニタープのような使い方もできる。緊急ビバークの際にも簡易ツェルトとして役立つだろう。こんな万能雨具が、果たして今まであっただろうか。

スピードハイカーを自認する熟練者にはもちろんのこと、まだ高価なレインウェアを手にとることに躊躇いがある入門ハイカーにも、この軽やかさと快適さを体験してほしい。安心をザックに入れるつもりで、ナムチェのロゴが輝く、150グラムのポンチョを装備に加えよう。

 

ピックアップ記事

  1. 自由のために無駄を脱ぎ捨てる。
  2. もこもこ羊のスマートさ。
  3. 更新され続ける原点。アークテリクスに宿る始祖の力。
  4. 老舗の新しい炎。
  5. 喜びと感謝を生んだ偉大な168Km

関連記事

  1. 2016.AUT-004

    あたたかさは巡る、やさしさも巡る。

    パタゴニアのリサイクルダウン冬といえばダウン。ダウンジャケット…

  2. 2016.AUT-004

    今も未来も変わらない価値。

    シエラデザインの不朽の名作ロクヨンの生まれた日ヒッピー…

  3. 2016.SPR-003

    子供のようにわくわくするギア。

    独創性あふれるパーゴワークスのアイテムパーゴワークスというブランド…

  4. 2017.AUT-006

    飛ぶように走る。

    飛ぶように走れるトレランシューズホカ オネオネ。変わった語感のブラ…

  5. 2017.SPR-005

    常に、ためらわない。 新しくなり続ける89歳。

    先鋭的チャレンジをやめないスポルティバスポルティバの商標としてのス…

  6. 2017.SPR-005

    コントロールされない、スマートさが欲しい。

    アークテリクスの考える、靴の「スマート」さ靴のタフネスとはアウ…

最近の記事

Topics

  1. 炎に寄り添う、大切な時間。
  2. 感性のいざなうままに。
  3. 陸・海・空 アウトドアの輝き
  4. 力に宿る美しさ。
  5. 鍛え抜かれた温かさ
  1. 2015.AUT-002

    更新され続ける原点。アークテリクスに宿る始祖の力。
  2. 2015.AUT-002

    足に寄り添う、イタリアの靴づくり
  3. 2017.AUT-006

    最高峰へ、自分を連れ出す。
  4. 2017.AUT-006

    アウトドアの未来を守る
  5. 2017.SPR-005

    自分の源流を見つめなおす。 本当にいい「水」摂取のススメ。
PAGE TOP