CAMPING

ハートを入れるちいさなバッグ

ケルティのちいさいバッグがとってもいい。ちょっと無骨に見えるクラシックなデザインは、女の子たちにも歓迎されて今、大人気。その背景には、50年以上続くケルティとパックの、こだわりの歴史がありました。

1952年、南カリフォルニアでディック・ケルティは世界で初めての「バックパック」を発明しました。アルミフレームに大容量のナイロンパックがセットされた、いかにも旅路に向きそうなそのパックは、通信販売のカタログに載るや否やアメリカ中の若者を虜にして、多くの「バックパッカー」を産み出します。ケルティのロゴは冒険心とカルチャーへの敬意をもったアウトドアズマンにとって、特別な意味を持つアイコンとなっていったのです。

古き良きアメリカの空気と、アウトドアズマン・スピリットの両方が、ケルティのパックには詰め込まれています。バックパックにとどまらず、デイパック、トートバッグ、ちいさなポーチに至るまで、その中身には最初から、ケルティの作り上げてきたハートそのものが詰まっているんですね。だからちょっとしたバッグでも、何かが違う。その違いを、いつも敏感に感じ取るのは新しい世代なのでしょう。

かわいいフォルムの巾着型バッグ。あるいは、マスクケースにもなりそうな小物入れ。スマホと小銭を入れて持ち歩けるポーチ。どんなに気軽なアイテムでも、ケルティはオーバースペックとも思えるほどのしっかりとしたナイロンを使い、裏地まで丁寧に縫製し、YKKのファスナーとハードなコードで口を閉じます。すべては、中に詰めたハートをこぼさないように、大切に守るために、…なのかもしれませんね。

ちいさなバッグに、マスクとか日用品とか、…あとメッセージカードとか。わたしのハートも一緒に詰め込んで、そういうギフトにしようかな。

ピックアップ記事

  1. 憧れが詰まった『とんがりテント』に泊まる秋。
  2. インド生まれの「映える」ジャグ
  3. グラミチ ショートパンツ
  4. 飲める、注げる、万能マグ
  5. Freewatersの自由なサンダル

関連記事

  1. CAMPING

    夏の支度をはじめよう

    まぶしい季節はもう、すぐそこ。夏のお仕度、はじめましょう。…

  2. CAMPING

    もうすぐ父の日

    お父さんいつもありがとう。と心から思っているんだけど、なんだか照れく…

  3. CAMPING

    ノースフェイス キッズアイテム

    元気ウェアに衣替えうすぐ「こどもの日」だし、そうでなくても元…

  4. 2018.SPR-007

    感性のいざなうままに。

    アウトドアの醍醐味を、どう伝えたものかとふと考える日があります。体を動…

  5. 2016.AUT-004

    補給食が教えてくれた、自分自身のからだとの対話。

    アクティビティをとことん楽しむための補給食考補給食の考え方人間…

  6. 2015.AUT-002

    サガルマータ Namche Bazar OUTDOOR STYLE MAGAZINE

    ナムチェバザールがお届けしたいのは、根源の価値とスピリ…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. 2017.AUT-006

    掌に宿る、消えない炎。
  2. 2015.AUT-002

    足に寄り添う、イタリアの靴づくり
  3. CAMPING

    Freewatersの自由なサンダル
  4. 2017.SPR-005

    今走り出す心のままに、軽やかに生きる。
  5. CAMPING

    愛しのバッグで買い物気分を上々に
PAGE TOP