CAMPING

どれにしようか、焚火台

焚火台オブ焚火台、いや焚火台の源流、とも言えるだろう。今やキャンプに欠かせない焚火システムの代表格、スノーピークの「焚火台」。数多くのフォロワーを産み出してなお、その魅力がまったく褪せないのは、さすが。

綺麗に折りたたまれたフラットな姿は、一瞬で美しい逆四角錘のファイアスタンドへ変身。ワンアクションテーブルやアメニティドームにも通じる、誰もが直感的に操れる究極のシンプル・システムが、とてもいい。扱いやすいからこそ、手順のすべてが体に沁み込んでいく。呼吸をするようにナチュラルに、キャンプで焚火の準備ができる。

炭にも薪にも強い。パーツを組み合わせて自分好みのシステムに育てられる。さてそうなると、どのサイズを選ぼうか。

S・M・L、ここは「大は小を兼ねる」でLサイズだろうか。家族やグループで、調理も種類を欲張りたいなら間違いはないだろう。ただ、重すぎるかも…と思うとMに目が行く。ダッチオーブンがぴったりくらいのサイズだろうか。調理用と単なる焚き火用で、きっぱり2台持ちの友人もいる。ソロならぜったいSだろう。コンパクトさで愛らしさが際立ち、インテリアにもしたいくらいだ。…結局、どうしよう。

Headquartersの刻印が光るMサイズにしようかなあ。迷っていられるのも、手に取っていられる今のうち。オプションパーツも忘れず選んで、最初から涼しい顔で、パーフェクトなタキビ・デビューだ。

ピックアップ記事

  1. 喜びと感謝を生んだ偉大な168Km
  2. ノースフェイス フューズボックス
  3. 違うくつろぎ。新しい笑顔。
  4. U-C-Oを受け継ぐ灯り
  5. クリーンカンティーン インスレートTKワイド&タンブラー

関連記事

  1. COLUMN

    BUFF UVバフ

    これからのスポーツ・ラン・登山の新常識コロナ対策で鬱屈しちゃ…

  2. 2017.AUT-006

    ぜんぶ落として、でも落とさない。

    お手入れを助けるアウトドア「専用」洗剤の優秀さアウトドアを…

  3. 2016.SPR-003

    遊び方を操縦できる靴。

    スポルティバの名品アプローチシューズ三千メートルを超える山にスニー…

  4. COLUMN

    アルトラ プロヴィジョン4.0

    ゼロドロップ、ベアフット、フットシェイプ…アルトラのシューズを語るキ…

  5. CAMPING

    ノースフェイス初夏コーデ&グダーサングラス

    輝く季節にピッタリコーデ毎年このくらいの季節が、一番まぶしい…

  6. 2016.SPR-003

    老舗の新しい炎。

    プリムスの「キャンプファイア」歴史的背景なら、プリムスだってひけを…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. 2017.SPR-005

    今走り出す心のままに、軽やかに生きる。
  2. CAMPING

    オッターボックス エレベーションマグ14
  3. COLUMN

    パタゴニア パタロハ
  4. 2016.AUT-004

    補給食が教えてくれた、自分自身のからだとの対話。
  5. COLUMN

    ナムチェバザールで手に入る本格サポーター。
PAGE TOP