2016.SPR-003

自由のために無駄を脱ぎ捨てる。

シンプルで美しいアークテリクスのパック

アークテリクスが誇る、耐候性の高いポリウレタンコーディング技術と耐水ジッパー技術の粋を集め、作り上げられたのは非常にシンプルなスタイルのパック。スリムで、飾りっ気のないボディ。だけど美しい。惹かれるのは何故だろう。

軽量ながらタフで、内外両面にポリウレタンコーディングを施され、水・雪・空気さえも通さない素材。そこへさらに、精巧なシームシーリングの加工技術、簡易でかつ防水効果の高いロールトップの開口部システムを加えて、薄くて軽くて堅牢で、しかも防水というボディが作り上げられた。要らない物をすべて排除したから、すとん、と、それだけ。必要充分だから、見てすぐ、スッと使い方を理解できる。背負ってすぐ、体が納得する。本当の美しさとは、無駄なことを考えさせない。

無駄がないというのは、命が懸かる局面もあるアウトドアの現場においては重要な要素だ。たとえ激しい風雨に曝されても、シンプルな形状は風の抵抗を受けにくく、ザックカバーを不要とする防水のボディは手間をかけずに中身を守り、水を吸って重くなることもない。スリムなボディは登攀時の激しい動きも邪魔をせず、何よりも軽さが体を疲れさせない。考えずに、ただ使える。生存本能の後押しをしてくれる、真に優れたデザインとテクノロジー。

すぐれた彫刻家たちは、傍目には塊にしか見えない木や石や鉄塊の中にすでに完成された美を発見していて、その美しさを彫るという作業により取り出しているにすぎないという。
アークテリクスは、そんな彫刻家にも似た独自の審美眼と技術力で、今まで凝り固まったパックの概念から無駄を削ぎ落とし、新しく軽やかな、そして美しいパックを取り出してくれた。アークテリクスのすべてのアイテムに通じる、この無駄のなさと単純な美こそ、我々が惹かれてやまない魅力の根源だろう。

 

ピックアップ記事

  1. 明日への約束。
  2. 子供のようにわくわくするギア。
  3. 心を紡ぐ、宝物を持つ。
  4. ミスター・ハセツネの情熱をまとう。
  5. コントロールされない、スマートさが欲しい。

関連記事

  1. 2017.AUT-006

    家族の手触り。

    ペンドルトンの歩み150年前のアメリカと言えばまだ、西部開拓時代の…

  2. 2017.SPR-005

    価値をつなげる。

    アウトドアを愛する心を共有しあうインターネットは世界中を繋ぎ、今や…

  3. 2017.SPR-005

    五感にかけられる魔法。

    魔法のウェア「フーディ二」ウェアに求めるコアの部分私たちは、ウ…

  4. 2015.AUT-002

    足に寄り添う、イタリアの靴づくり

    スカルパ・ヒストリー秋山を訪ねるとき、冬山に挑むとき。その足元がス…

  5. 2016.SPR-003

    都市に生きる フロンティアスピリット

    都市のノースフェイス「アンリミテッド」ラインわたしたちは都市に生き…

  6. 2017.SPR-005

    ジャパニーズ・スタイル・ なむちぇばざ~る。

    日本で楽しむアウトドアのかたちナムチェバザールの店頭で、近頃よく見…

最近の記事

Topics

  1. 炎に寄り添う、大切な時間。
  2. 感性のいざなうままに。
  3. 陸・海・空 アウトドアの輝き
  4. 力に宿る美しさ。
  5. 鍛え抜かれた温かさ
  1. 2016.AUT-004

    憧れが詰まった『とんがりテント』に泊まる秋。
  2. 2016.SPR-003

    お手入れは、あしたの準備。
  3. 2016.SPR-003

    老舗の新しい炎。
  4. 2016.AUT-004

    あたたかさは巡る、やさしさも巡る。
  5. 2016.SPR-003

    子供のようにわくわくするギア。
PAGE TOP