2017.SPR-005

自分の源流を見つめなおす。 本当にいい「水」摂取のススメ。

身体と心に「いい」水分のとり方

絶対に水を途切れさせてはいけない

アクティビティと切り離せないもの、それは「水」。
人体の70%は水でできているとはよく言われるが、だからこそ体を動かし続けるには、絶対に水を途切れさせてはいけない。
登山・トレラン・ウォーキング、どんなアクティビティも水の携行は必須だし、今やハイドレーションシステムなどで随時水分を補給するのは常識になっている。
キャンプだって同じだ。水場がなく、調理もできないキャンプなんて成立しない。
何より、アクティビティを楽しんで大自然の中でさわやかな汗をかいたその時、喉を潤し全身を満たしてくれる水を誰だって飲みたくなる。おいしい水を求めるのは、人間の本能だ。

デザインウォーターの魅力

ナムチェバザールの店頭に、ボトルの置かれたウォーターサーバーがあるのをご覧になった方もいるだろう。
今や市場を独走する宅配水「アクアクララ」、そのウォーターボトルを水戸店では店頭販売もしており、ナムチェバザールの通なアウトドアズマンたちは、このデザインウォーターの魅力に夢中なのだ。

アクアクララの水は、RO膜という一千万分の一ミリ極少浄化孔フィルターによって極限まで浄化された安全な水に、理想のバランスでミネラルを配合したデザインウォーターだ。
一度飲むだけで分かるが、美味しさが口の中でまろやかに広がり、驚くほどすいすいと水が体内に入っていく。
体が吸収したがる水だと直感的に感じられ、それからはアクティビティへと出かける際アクアクララをボトルに詰め、忘れず必携するという人が多くいる。
パフォーマンスを支える大事な水は、キャンプに持って行っても大活躍。キャンプの夜を彩る料理には良い水が欠かせないし、アウトドア・カフェの主役はおいしい水で淹れた焙煎コーヒーに決まっている。

山奥へ出かけた時などは見つけた湧き水で喉を潤したくなるものだが、残念なことにこの現代、環境の悪化による水質汚染や周囲の生き物たちがもたらす雑菌を考えると、飲用に適している自然の水は少ないと言えるだろう。
土壌の状態や放射能の影響も心配だが、アクアクララの水を携えて行けばそれらはすべてクリアされ、しかもペットボトルなどの無駄なごみを増やしてしまう悩みもないから、安心だ。

キャリー・アクアクララ

近頃は夏場になると熱中症対策が叫ばれ、少しの散歩にも水分を持って出るのが当たり前になってきた。
毎日を支える水だからこそ、泥水や有害成分をごまかしたものではなく、おいしく安全なものを身体に入れたい。
キャリー・ウォーター、ならぬ「キャリー・アクアクララ」は、きっとこれからの常識になっていくはずだ。

温水・冷水がいつでもサッと出るウォーターサーバーは、デザインと使い勝手が家族にも人気。宅配ボトル3本セットで簡単にスタートできる。
アクアクララ はじめてセットレギュラー
¥1,200+税でスタート

ピックアップ記事

  1. 極地へ挑むハートを着る。
  2. 補給食が教えてくれた、自分自身のからだとの対話。
  3. 五感にかけられる魔法。
  4. リブート・サレワ
  5. ヘリノックス×ペンドルトン コラボチェア

関連記事

  1. CAMPING

    涼風サイトをつくるファン

    無骨なんだけど爽やかな、いいやつ。誰からも好かれそうなそいつの名は、…

  2. COLUMN

    パタゴニア パタロハ

    今年のパタロハに託された意味今年のパタゴニア・アロハ「パタロ…

  3. CAMPING

    新生売場の話

    ナムチェバザール水戸店模様替えしましたナムチェバザール水戸店…

  4. ARC'TERYX

    遠くに行かない日のバッグ

    なんだかんだで、今回は遠出をやめておこう。そういう気分になった日にも…

  5. ARC'TERYX

    アークテリクス スリングブレイド4ショルダーバッグ

    アークのロゴが光るショルダーバッグ、何もかもがちょうど良い。こんなに…

  6. CAMPING

    CLEF サウナハット

    サウナハット、ご存知ですか?最近、サウナ大好きな人々「サウナ―」の間…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. CAMPING

    ベアボーンズリビング ビーコンライト&ミニエジソンランタン
  2. CAMPING

    ハートを入れるちいさなバッグ
  3. COLUMN

    パーゴワークス バディ16
  4. CAMPING

    夏の支度をはじめよう
  5. COLUMN

    グリベルロゴTシャツ
PAGE TOP