2016.AUT-004

もこもこ羊のスマートさ。

スマートウールの羊毛学

ウールの秘密

ウールがあたたかいなどというのは今さら説明の必要もなく、あのもこもことした羊たちの姿を見るだけで充分だろう。さぞ夏は暑かろうと思われる彼らの姿だが、当の本人たちはいつも涼しい顔をしている。
実は、そこにはウールのもつ秘密があったのだ。

ウールは彼ら羊の体毛であり、我々人間の頭髪と同様の「生き物の毛」だ。
構造は我々の頭髪とよく似ており、一般にキューティクルと呼ばれるうろこ状の組織が、ウール一本ずつの表面も覆っている。このうろこが大きなポイントで、表面で開閉することで水分を取り込んだり吐き出したりする。
うろこの表面は水をはじく力が非常に強く、うろこが閉じているとき、ウールは強力な撥水力を発揮する。一方で、ウールの内部は水分をよく吸収するので、うろこが開くと今度は給水機能がはたらく。撥水力と給水力という相反する機能を、何のコーティングをなされることなくもとから備えており、この二つの力によって、衣服内の湿度と温度を一定に保つのだ。

メリノウールの力を借りよう

除湿と温度管理ができる、いわば「天然のエアコン」をまとっていることになる羊たちは、確かに夏場でもクールな顔をしているわけだ。
中でも、メリノ種が生み出すメリノウールは細くしなやかな繊維で、湿度・温度調節や防臭の力まで最高品質。スマートウールが採用するメリノウールを生み出すのは、ニュージーランドの契約農場で厳しい暑さから凍えるような寒さまで、変化に富んだ気候を乗り越えてきた羊たち。
激しい環境変化の下でも快適に過ごせるよう、羊たちは長年をかけて、夏涼しく冬あたたかいよう進化を遂げてきた。その力を少しだけおすそ分けしてもらって、自然な力で私たちも快適をコントロールする。

この秋新しくなるPhDソックスシリーズは、そんなメリノウールを惜しげもなく配合したうえで、縫い目がなくごろつき感もないシームレスのつま先や、更に快適な水分コントロールができるベントメッシュなどを備え、適度なクッションで長く歩く足を守ってくれる。

自然の力で、自然を歩く。この助けがあれば、長く歩いても何日も着替えられなくても、あの羊たちのように、涼しい顔をしていられるんじゃないだろうか。

分厚いソックスを2枚重ねて履くなんて無作法はもう不要。最新メリノウールソックスは、ほどよい厚みで高いフィット感と適度なクッション性、そしてタフネスを備えています。

ピックアップ記事

  1. コントロールされない、スマートさが欲しい。
  2. 感性のいざなうままに。
  3. 心を紡ぐ、宝物を持つ。
  4. 価値をつなげる。
  5. 五感にかけられる魔法。

関連記事

  1. 2017.SPR-005

    自分の源流を見つめなおす。 本当にいい「水」摂取のススメ。

    身体と心に「いい」水分のとり方絶対に水を途切れさせてはいけない…

  2. 2016.AUT-004

    ナムチェのロゴ光る、150グラムの守り神。

    ナムチェバザールオリジナルアイテムただのポンチョではない。通常…

  3. 2016.SPR-003

    リブート・サレワ

    受け継がれ、変革するサレワこのロゴを昔見た気がする、でもどこか違う…

  4. 2017.AUT-006

    掌に宿る、消えない炎。

    フュアーハンドランタンをみつめる100年を越えて愛され続けるランタ…

  5. 2016.SPR-003

    都市に生きる フロンティアスピリット

    都市のノースフェイス「アンリミテッド」ラインわたしたちは都市に生き…

  6. 2015.AUT-002

    足に寄り添う、イタリアの靴づくり

    スカルパ・ヒストリー秋山を訪ねるとき、冬山に挑むとき。その足元がス…

最近の記事

Topics

  1. 炎に寄り添う、大切な時間。
  2. 感性のいざなうままに。
  3. 陸・海・空 アウトドアの輝き
  4. 力に宿る美しさ。
  5. 鍛え抜かれた温かさ
  1. 2016.SPR-003

    リブート・サレワ
  2. 2017.AUT-006

    ぜんぶ落として、でも落とさない。
  3. 2017.AUT-006

    アウトドアの未来を守る
  4. 2017.AUT-006

    動き続けるウェアで、自分を走り続ける。
  5. 2016.AUT-004

    憧れが詰まった『とんがりテント』に泊まる秋。
PAGE TOP