COLUMN

喜びと感謝を生んだ偉大な168Km

UTMBの思い出

世界最高峰のトレイルランニングレース、ウルトラトレイル・ドゥ・モンブラン…モンブラン山群を中心としたフランス、イタリア、スイスの3カ国を巡る、世界中のトレイルランナーの憧れであり目標である大会に2013年8月、機会を得て出場しました。
距離168km、累積標高9,600mを46時間以内で走破しなければならない、まさに世界レベルの過酷で美しい大会でしたが、その記憶は2年を経ても、いや永遠に色褪せないと言い切れるほど、スペシャルな体験でした。

美しいモンブランの山景と、ヨーロッパで見る満天の星空、国を違えても響くあたたかい声援の中を、トレイルランニングに懸ける情熱を共有できるランナーたちと走る充実感。
一方で、厳しい標高差を駆け抜け、睡魔や疲労のため襲ってくる幻覚と闘い、胃が受け付けない食糧をむりやり補給し、肉体を極限まで追い込んで、ひたすらに走るという激烈な体験。
長時間・長距離、寝ずに己と戦いながら、異国をこの脚で走って旅したのです。

そのうち、己の力のみで孤独に走っているのに、なぜかよけいに、見知らぬ人々の声援や補給所での家族の応援、選手たちとの共闘、そしてもっと大きな、山々や大自然の佇まいまでもが強く意識されるようになりました。孤独で激しい一人旅はいつの間にか、自分と徹底して向き合い、自分を極限まで見つめる、人生における稀な時間となっていたのです。
そしてその体験は、自分が今この瞬間に存在することの奇跡、健やかに走れることへのよろこびを生み、それは自分以外の「他」への、大いなる感謝に変わりました。

ゴールタイムは42時間25分22秒…この時間の内に、生まれ直すに等しいほどに、あらゆる感情と体験が凝縮されていたように思います。
トレイルランニングは自分をこんなステージにまで連れて行ってくれる偉大なスポーツであり、もはや私にとってはライフスタイルの一部です。

 

株式会社ナムチェバザール
代表取締役社長 和田幾久郎

ピックアップ記事

  1. 極地へ挑むハートを着る。
  2. 飛ぶように走る。
  3. 動き続けるウェアで、自分を走り続ける。
  4. ぜんぶ落として、でも落とさない。
  5. こだわり勝負、ここに結実。

関連記事

  1. 2016.AUT-004

    あたたかさは巡る、やさしさも巡る。

    パタゴニアのリサイクルダウン冬といえばダウン。ダウンジャケット…

  2. COLUMN

    すぐそばにある、とうといもの。

    身近なところの貴重な環境100マイル(160km)にわたる…

  3. 2017.AUT-006

    陸・海・空 アウトドアの輝き

    高いアウトドア・ポテンシャルを秘めた土地茨城県のもつ深く広い可能性…

  4. 2018.SPR-007

    感性のいざなうままに。

    アウトドアの醍醐味を、どう伝えたものかとふと考える日があります。体を動…

  5. 2015.AUT-002

    サガルマータ Namche Bazar OUTDOOR STYLE MAGAZINE

    ナムチェバザールがお届けしたいのは、根源の価値とスピリ…

  6. 2016.AUT-004

    心を紡ぐ、宝物を持つ。

    誰にでも、ひとつくらいは自分の宝物があると思います。そしておそらくその…

最近の記事

Topics

  1. 炎に寄り添う、大切な時間。
  2. 感性のいざなうままに。
  3. 陸・海・空 アウトドアの輝き
  4. 力に宿る美しさ。
  5. 鍛え抜かれた温かさ
  1. 2017.SPR-005

    歩き続けるあなたを、 背中から支える。
  2. 2015.AUT-002

    イヴォン・シュイナードの魂を継ぐ『道具屋』
  3. 2016.SPR-003

    一歩を重ねるための一枚。
  4. 2017.SPR-005

    休息は最大の前進。 スリーピングマットの選び方。
  5. 2016.SPR-003

    都市に生きる フロンティアスピリット
PAGE TOP