COLUMN

喜びと感謝を生んだ偉大な168Km

UTMBの思い出

世界最高峰のトレイルランニングレース、ウルトラトレイル・ドゥ・モンブラン…モンブラン山群を中心としたフランス、イタリア、スイスの3カ国を巡る、世界中のトレイルランナーの憧れであり目標である大会に2013年8月、機会を得て出場しました。
距離168km、累積標高9,600mを46時間以内で走破しなければならない、まさに世界レベルの過酷で美しい大会でしたが、その記憶は2年を経ても、いや永遠に色褪せないと言い切れるほど、スペシャルな体験でした。

美しいモンブランの山景と、ヨーロッパで見る満天の星空、国を違えても響くあたたかい声援の中を、トレイルランニングに懸ける情熱を共有できるランナーたちと走る充実感。
一方で、厳しい標高差を駆け抜け、睡魔や疲労のため襲ってくる幻覚と闘い、胃が受け付けない食糧をむりやり補給し、肉体を極限まで追い込んで、ひたすらに走るという激烈な体験。
長時間・長距離、寝ずに己と戦いながら、異国をこの脚で走って旅したのです。

そのうち、己の力のみで孤独に走っているのに、なぜかよけいに、見知らぬ人々の声援や補給所での家族の応援、選手たちとの共闘、そしてもっと大きな、山々や大自然の佇まいまでもが強く意識されるようになりました。孤独で激しい一人旅はいつの間にか、自分と徹底して向き合い、自分を極限まで見つめる、人生における稀な時間となっていたのです。
そしてその体験は、自分が今この瞬間に存在することの奇跡、健やかに走れることへのよろこびを生み、それは自分以外の「他」への、大いなる感謝に変わりました。

ゴールタイムは42時間25分22秒…この時間の内に、生まれ直すに等しいほどに、あらゆる感情と体験が凝縮されていたように思います。
トレイルランニングは自分をこんなステージにまで連れて行ってくれる偉大なスポーツであり、もはや私にとってはライフスタイルの一部です。

 

株式会社ナムチェバザール
代表取締役社長 和田幾久郎

ピックアップ記事

  1. 補給食が教えてくれた、自分自身のからだとの対話。
  2. グダーで新しい夏
  3. ニーモ エアマット
  4. サロモン RXモック4.0
  5. 今年ならではの小物選び

関連記事

  1. COLUMN

    今年ならではの小物選び

    冬ってなんでこんなに、誰かに何かを贈りたくなるんでしょう。…クリスマ…

  2. CAMPING

    美味しさを外に連れていく

    「おいしい」って漢字だと、「美しい味」って書く。日本語はほんとに、意…

  3. CAMPING

    ユニフレーム羽釜5号炊き&テーブルトップバーナー

    おいしいごはんを食べましょうキャンプでもおうちでも安心しちゃ…

  4. COLUMN

    パタゴニア パタロハ

    今年のパタロハに託された意味今年のパタゴニア・アロハ「パタロ…

  5. COLUMN

    抗血栓繊維A.A.THの力が際立つとき

    だんだんわかってきた新型コロナウイルス感染症の本当の脅威。今注意が叫…

  6. CAMPING

    ユニフレーム ユニセラミニ

    自分にご褒美あげられる「ひとり炭火焼肉」グリルひとりでキャン…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. 2017.SPR-005

    価値をつなげる。
  2. CAMPING

    AOクーラーズ キャンバスクーラー
  3. CAMPING

    ユニフレーム羽釜5号炊き&テーブルトップバーナー
  4. COLUMN

    すぐそばにある、とうといもの。
  5. COLUMN

    レイドライトの新生シューズ
PAGE TOP