2016.AUT-004

あたたかさは巡る、やさしさも巡る。

パタゴニアのリサイクルダウン

冬といえばダウン。
ダウンジャケットはその保温性の高さと軽量性で高所に挑むアルピニストたちの高いニーズに応え続けてきた。その機能は今や広く一般に愛されており、街であのぬくもりに包まれると、体と同時に気持ちも例えようのない安心感に包まれるのは誰もが実感したことがあるはずだ。

でははたして、そのぬくもりの根源を振り返ったことがあるだろうか。
ダウンウェアの要である羽毛は、冬鳥たちが厳しい寒さに負けずに冬を乗り越えるため蓄えたものだ。パタゴニアはいち早く、2014年には「トレーサブル・ダウン」を採用し、その羽毛が鳥たちに酷い仕打ちをして得たものではないことを確認できるようにした。

そしてこの冬、パタゴニアは「リサイクル・ダウン」を導入する。
いろいろな理由で手放されたダウンウェアから回収された、600フィルパワーのグースダウンが、再生新素材としてバージン・ダウンと変わらない保温力で生まれ変わるのだ。
パタゴニアは、「ごみを美しいものに変えることができると、きっとなにかが救われる。」と言う。その通りに、放っておけばゴミになってしまったかもしれないダウンウェアのおかげで、多くの冬鳥たちが裸にならずに済むことだろう。そこにはダウンを生まれ変わらせる技術と、やさしさがある。

役目を終えたダウンウェアは、それまできっと幾度もの寒さから誰かを守り、かつ、寒さをむしろ楽しむ体験を生み出してきたはずだ。冬鳥たちがくれたぬくもりは、そうやって誰かの幸せを作り、それが今度は打ち捨てられることなくリサイクルされることで、羽毛が思いを乗せたまま次の人をあたためる。
そこには「何かを犠牲にして自分だけがあたたまる」ような後ろめたさはもう、ない。

途切れることのないあたたかさと、受け継がれる幸せの体験を詰め込んで、これからのダウンウェアには、ぬくもりが上乗せされていくばかりだ。

ピックアップ記事

  1. 炎に寄り添う、大切な時間。
  2. 子供のようにわくわくするギア。
  3. 都市に生きる フロンティアスピリット
  4. コントロールされない、スマートさが欲しい。
  5. 自由のために無駄を脱ぎ捨てる。

関連記事

  1. 2015.AUT-002

    サガルマータ Namche Bazar OUTDOOR STYLE MAGAZINE

    ナムチェバザールがお届けしたいのは、根源の価値とスピリ…

  2. 2016.AUT-004

    補給食が教えてくれた、自分自身のからだとの対話。

    アクティビティをとことん楽しむための補給食考補給食の考え方人間…

  3. 2017.SPR-005

    未来を変える、新世代繊維。

    新世代繊維「A.A.TH」A.A.THテクノロジー人類がまだ出…

  4. 2016.AUT-004

    心を紡ぐ、宝物を持つ。

    誰にでも、ひとつくらいは自分の宝物があると思います。そしておそらくその…

  5. 2015.AUT-002

    更新され続ける原点。アークテリクスに宿る始祖の力。

    始祖鳥を掲げるということいつもアークテリクスが進化の先端アーク…

  6. 2016.SPR-003

    お手入れは、あしたの準備。

    アウトドアギアのメンテナンスレインウェアやダウンジャケ…

最近の記事

Topics

  1. 炎に寄り添う、大切な時間。
  2. 感性のいざなうままに。
  3. 陸・海・空 アウトドアの輝き
  4. 力に宿る美しさ。
  5. 鍛え抜かれた温かさ
  1. 2015.AUT-002

    足に寄り添う、イタリアの靴づくり
  2. 2017.SPR-005

    休息は最大の前進。 スリーピングマットの選び方。
  3. 2017.AUT-006

    ぜんぶ落として、でも落とさない。
  4. 2016.AUT-004

    補給食が教えてくれた、自分自身のからだとの対話。
  5. 2015.AUT-002

    更新され続ける原点。アークテリクスに宿る始祖の力。
PAGE TOP