2016.SPR-003

リブート・サレワ

受け継がれ、変革するサレワ

このロゴを昔見た気がする、でもどこか違う。
サレワは80年以上も前、乗馬用の鞍製造を生業としてドイツに誕生した歴史あるブランドだ。鞍と革製品を意味するドイツ語の頭文字から取られた造語をブランド名に掲げ、以降革製品と金属加工の技術から登山用品のラインナップを広げ、クライミングギアの第一人者として確固たる地位を築き上げていった。
力強さと洗練された品質を託した具象的な鷲のロゴマークは、80年代には世界を席巻していた。この時代のサレワの「鷲のマーク」は、長く登山に親しんでいる方ならよく目にされていただろう。

このころ、現オーナーであるイタリアの名家筋、ハイナー・オベラウッヒ氏がサレワとの深い関係を築き、85年にはイタリアで独自のウェア企画製造がはじまる。90年には経営権が引き継がれ、21世紀を前に本社もイタリアへと移された。現在はイタリア・ボルツァーノに、クライミングウォールなどを併設した現代的な大社屋を構えている。

昨年、サレワはロゴマークを、翼を広げた鷲をイメージさせるソリッドな抽象アイコンに変更した。長いドイツでの歴史を踏まえながら、イタリアの血を入れ、まさに今生まれ変わっているのだ。商品群はロゴ同様に、先鋭的で、有り体に言えば非常にカッコよくなってきた。昔のロゴを知る人は、「知っているはずなのに」何か違ってすごく良い、と感じるはずだ。

非常に軽くて、しかし堅牢な靴などは最たる例だ。踵を囲むようにワイヤーを入れて、いかなる動きや衝撃に対しても足首周りの空間を崩さず保つ「3F」システムには、革製品と金属加工に長けたドイツ・サレワのルーツを感じながらも、靴全体は決して機能だけにゴツゴツとせず、柔らかな履き心地とすらっとしたフォルムが強い印象を残す。

革新的なヘルメットも同様だ。もともとクライミングギアにはかなりの強みを持っていたが、イタリアのデザイン力が200グラム台という驚異的な軽さのヘルメットを産み出す。素晴らしい被り心地とシルエットで、「帽子代わりにいつもかぶる」という新しい安全ムーブメントも浸透させた。だって、軽くて安全、しかもカッコいいなら、誰だってかぶりたくなるというものだ。

歴史と懐かしさがもたらす安心だけで止まるわけにはいかない。ロゴ変更には、サレワのこうした強い意志が表れている。歴史とともに羽ばたく翼で、革新的な未来へ飛び立つ。今この時が、サレワ再起動の時なのである。

 

ピックアップ記事

  1. すぐそばにある、とうといもの。
  2. ぜんぶ落として、でも落とさない。
  3. 子供のようにわくわくするギア。
  4. 明日への約束。
  5. もこもこ羊のスマートさ。

関連記事

  1. 2016.SPR-003

    お手入れは、あしたの準備。

    アウトドアギアのメンテナンスレインウェアやダウンジャケ…

  2. 2015.AUT-002

    更新され続ける原点。アークテリクスに宿る始祖の力。

    始祖鳥を掲げるということいつもアークテリクスが進化の先端アーク…

  3. 2015.SPR-001

    snow peak スノーピークの話

    日本のキャンプと寄り添い歩むスノーピークは、すこし変わったキャンプ…

  4. 2015.AUT-002

    足に寄り添う、イタリアの靴づくり

    スカルパ・ヒストリー秋山を訪ねるとき、冬山に挑むとき。その足元がス…

  5. 2017.SPR-005

    コントロールされない、スマートさが欲しい。

    アークテリクスの考える、靴の「スマート」さ靴のタフネスとはアウ…

  6. 2017.SPR-005

    自分の源流を見つめなおす。 本当にいい「水」摂取のススメ。

    身体と心に「いい」水分のとり方絶対に水を途切れさせてはいけない…

最近の記事

Topics

  1. 炎に寄り添う、大切な時間。
  2. 感性のいざなうままに。
  3. 陸・海・空 アウトドアの輝き
  4. 力に宿る美しさ。
  5. 鍛え抜かれた温かさ
  1. 2016.SPR-003

    子供のようにわくわくするギア。
  2. COLUMN

    喜びと感謝を生んだ偉大な168Km
  3. 2016.AUT-004

    明日への約束。
  4. 2018.SPR-007

    感性のいざなうままに。
  5. 2016.SPR-003

    お手入れは、あしたの準備。
PAGE TOP