COLUMN

すぐそばにある、とうといもの。

身近なところの貴重な環境

100マイル(160km)にわたる大自然を巡る広大な旅を、この茨城で楽しめると言ったら驚かれるでしょうか。

私たちの生きるこの土地は、けして高い山や雄大な景色に恵まれているわけではありませんが、海岸から水辺、岩場や森など多様な変化に富んだ自然が、思い立ったら遊びに行けるほどの近いところに広がっています。
袋田の滝や竜神峡、そして花貫渓谷、日立の海岸線。これら県北の観光名所と、その間を埋めるように連なる豊かな里山をトレイルで繋げるだけで、国内でも稀なロングトレイルルートになるのです。ひとつの県内で、100マイルもの旅路を自然と共に歩き走れるなんて贅沢は、なかなか他では味わえないでしょう。そこには地元の私たちもはっとさせられるような、鮮烈な自然体験が待っているはずです。

さらに身近なところ、ナムチェバザール本社のある水戸には、世界第二位の規模を誇る都市型公園の偕楽園公園があります。日本三名園のひとつとして名高い偕楽園は徳川家によって整備されましたが、千波湖を望む水辺環境を愛し、都市生活の中でも様々な世代が分け隔てなく身近な自然に親しむというスタイルは、江戸の昔から私たちの間に広く深く受け継がれているのです。

私を育んだこの土地、そして思想は、尊い自然と別たれることなく密に寄り沿っています。環境を思い、大地に遊ぶことは、私にとって呼吸をするようにナチュラルなことであり、また替えることのできない価値をもっているのです。
等しく誰のとなりにもある、すぐそばの尊いものに気づいてほしい。100マイルレースの開催計画や、水辺環境保全のためのNPO活動、そして何より、ナムチェバザールという存在を通じて、私はこの思いをお伝えしたいと強く願っております。

 

 株式会社ナムチェバザール
代表取締役 和田幾久郎

ピックアップ記事

  1. 寒さが楽しみ、自慢のストーブ
  2. 力に宿る美しさ。
  3. アークテリクスが『靴』の概念を変える
  4. 動き続けるウェアで、自分を走り続ける。
  5. フーディニウェア

関連記事

  1. COLUMN

    今年はリミテッドな一枚を

    パタゴニアの「R1」といえば、アクティビストには御用達のフリースウェ…

  2. CAMPING

    ノースフェイス初夏コーデ&グダーサングラス

    輝く季節にピッタリコーデ毎年このくらいの季節が、一番まぶしい…

  3. CAMPING

    ユニフレーム ソロサイズアイテム

    今季はコンパクトシリーズが勢ぞろい ユニフレームの「ちび」シ…

  4. COLUMN

    ナムチェバザールで手に入る本格サポーター。

    膝に、足首に悩みがある。でも歩きたいし、走りたいし、アウトドアを満喫し…

  5. CAMPING

    U-C-Oを受け継ぐ灯り

    冬の夜にとっても映える、UCOのキャンドルランタン。この形が生まれて…

  6. 2015.AUT-002

    サガルマータ Namche Bazar OUTDOOR STYLE MAGAZINE

    ナムチェバザールがお届けしたいのは、根源の価値とスピリ…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. 2016.SPR-003

    違うくつろぎ。新しい笑顔。
  2. CAMPING

    夏の支度をはじめよう
  3. 2017.AUT-006

    鍛え抜かれた温かさ
  4. CAMPING

    アウトドアスパイス ほりにし
  5. COLUMN

    今年はリミテッドな一枚を
PAGE TOP