CAMPING

日本人の魂に響く飯盒

みんなが惹かれるのには、わけがある。今やクッカーの超定番にすらなった、トランギアのメスティン。もともと、「メスティン」って言葉は単に飯盒、原意を汲めば食事缶みたいな意味だった。しかし、もはやトランギアの四角いアルミ箱、これが真なるオンリーなメスティンのように思われているんだから、イメージの力というのはすごい。

バリを取るとかシーズニングするとか、そういった手間をかけ使い込む人も大勢いる。シンプルなこのスタイルが、逆に自分流にカスタマイズできるまっさらな姿に見えて、愛着も湧いてくる。

実は、こうしたスタイルのシンプルな薄いアルミのメスティンは、海外では湯煎用とか収納用とかがメインで、あまり食事の用意には使われないらしい。日本で広がるものすごいバリエーションのメスティンレシピを見たら、きっと驚くだろう。

やはり、日本人のこのメスティンへの愛は、メスティンがご飯を炊くのに適している、そのことに集約されている気がする。白米さえあれば、日本人はなんでも美味しくできる、だからメスティンでの食事の準備は最高なのだ。

メスティンは薄いアルミで熱伝導率がとても良いので、少し弱い火力でもしっかり炊飯できる。というよりおそらく、ガスで火力調整をするよりも、固形燃料やアルコールバーナーでやさしく炊いてあげたほうが美味しくなる。そして、白米炊飯に必須の「蒸らし」に適したかたち、フタ。あちあちのお弁当箱と化したメスティンを、タオルとかケース、あるいは自分の保温ウェアでほっこり包んであげて、待つ時間の幸せなこと。

ぬくもり残る包みを開けば、ツヤツヤでホカホカなご飯に出会える。ほとんど失敗もなく、でも特別な達成感があり、何より美味しい!ちょっと焦げても、そのおこげまで美味だ。メスティンでの山ごはんは、こうしてやめられなくなっていく。

できれば、正規品をちゃんと手に入れておこう。だって白米のある限り、ずっとつきあっていける、一生モノのクッカーだから。

トランギア メスティンはこちらから

https://namchebazar.co.jp/tr-210/

トランギア ラージメスティンはこちらから

https://namchebazar.co.jp/tr-209/

トランギア アルコールバーナーはこちらから

https://namchebazar.co.jp/tr-b25/

トランギア 専用ゴトクはこちらから

https://namchebazar.co.jp/tr-p302/

ピックアップ記事

  1. グダーで新しい夏
  2. 子供のようにわくわくするギア。
  3. 極地へ挑むハートを着る。
  4. 自由のために無駄を脱ぎ捨てる。
  5. 寒さが楽しみ、自慢のストーブ

関連記事

  1. COLUMN

    喜びと感謝を生んだ偉大な168Km

    UTMBの思い出世界最高峰のトレイルランニングレース、ウルトラトレ…

  2. 2017.AUT-006

    家族の手触り。

    ペンドルトンの歩み150年前のアメリカと言えばまだ、西部開拓時代の…

  3. 2017.SPR-005

    ジャパニーズ・スタイル・ なむちぇばざ~る。

    日本で楽しむアウトドアのかたちナムチェバザールの店頭で、近頃よく見…

  4. CAMPING

    もうすぐ父の日

    お父さんいつもありがとう。と心から思っているんだけど、なんだか照れく…

  5. GEAR BLAND

    レイドライトキャンペーン

    トレイルランニング最高峰ギア&ウェアレイドライト期間限定キャンペーン…

  6. CAMPING

    みんなで一緒にレトロX

    一度着ればわかる、その活躍度の高さ。これだけ愛されているレトロXシリ…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. CAMPING

    夏の支度をはじめよう
  2. CAMPING

    AOクーラーズ キャンバスクーラー
  3. 2016.SPR-003

    都市に生きる フロンティアスピリット
  4. COLUMN

    パタゴニア パタロハ
  5. CAMPING

    オンヨネ ハイブリッドマスク
PAGE TOP