2017.AUT-006

こだわり勝負、ここに結実。

テラノバのこだわりラン用パック

世界最軽量のテントで名をはせるテラノバ。

新天地のブランド名が示す通り、当初はエベレスト登山、極地遠征用のエクスペディションラインが中心のラインナップだった。
そのポリシーは「クラス最高のものを」だから、ギアの機能ひとつひとつへのこだわりは半端ではない。
20年の歴史があるが、近年は軽量パックへも注力しており、中でも「レーサー」バックパックシリーズは、山岳レースやウルトラライトなスタイルにチャレンジするアクティビストから大いに信頼されている。

日本縦断のウルトラ山岳レース「トランスジャパンアルプスレース(TJAR)」で

多くの選手がその魅力に気づき愛用したことから、日本でも人気に火が点く。あの超人たちが選んだパックなら、山で酷使するのに間違いはないだろう。
そうして幾多の使用テストが様々な人の手で重ねられ、それぞれのこだわり意見が集まって、遂にはイギリスにフィードバックされる。レーサー20プロは、日本のアクティビストから寄せられたリクエストで改良を重ねられた、日本限定のモデルなのだ。

テラノバが「クラス最高」のギアにこだわるように、日本人にもこだわりがある。

ボトル入れに最適なサイドポケットを復活させ、ショルダーハーネスにもメッシュポケットを装備。メイン気室以外に8つもポケットがついて、小物を立ち止まらず出し入れするには最高のパックになった。ワンアクションで中身を一覧できるセンターのジッパーは安心のYKK。ボトムにマットなどを取り付けられるストラップを追加したことで、これ一つで安定した泊り山行も実現できる。

ライトなスタイルでこそ

トレイルランニングのレースも良いが、走ったり歩いたりを気ままに選べるような、ライトなスタイルでこそこのパックの魅力は全開になる。
しっかりフレームの入ったザックで予定通りに歩くクラシカルな登山に少し窮屈を感じたら、この軽いパックに着替えてみるといい。
きちんと装備を整えながら、この20リットルの中に収めてみるのはある意味パズルのようで面白い。背負ったときの解放感は、山行のプランニングまで自由にする。
身体が軽ければもっと歩けるのだから、目指したピークのもう少し遠くまで行けるかもしれない。たくさん歩けた分早く降りられたら、麓の街を散策する時間もできる。スタイルが、パック一つで無限に広がる。

必要な機能を日英でぎゅっと凝縮して作られた、こだわりの結晶がレーサー20プロだろう。自分だけのこだわり山行スタイルも、これでぜひ実現させたいものだ。

テラノバ レーサー20プロ

重量はわずか340g。この軽やかさで日帰りハイクはもちろん、泊まりのアクティビティまで楽しめるとは、なんと贅沢なのだろう。
テラノバ レーサー20プロ
¥12,800+税

ピックアップ記事

  1. スノーピーク HOME&CAMPバーナー
  2. スナグパック ソロテント
  3. ノースフェイス キッズアイテム
  4. ぜんぶ落として、でも落とさない。
  5. もうすぐ父の日

関連記事

  1. CAMPING

    ユニフレーム ユニセラミニ

    自分にご褒美あげられる「ひとり炭火焼肉」グリルひとりでキャン…

  2. CAMPING

    リバーズ サーモジャグ&「スリーク」カップ

    コーヒーって、深いですよね。缶コーヒーをぐびっといくのもありなら、豆…

  3. CAMPING

    美味しさを外に連れていく

    「おいしい」って漢字だと、「美しい味」って書く。日本語はほんとに、意…

  4. COLUMN

    パーゴワークス バディ16

    デキる弟のいいところパーゴワークスのバディ16バックパック。…

  5. CAMPING

    グダーで新しい夏

    何事も「こうでなきゃ」では堅苦しいもの。スポーツサングラスも、あれじ…

  6. ARC'TERYX

    アークテリクス NEWアロー

    アローたちせいぞろいアローシリーズ、そのカッコよさについて…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. 2017.AUT-006

    こだわり勝負、ここに結実。
  2. CAMPING

    スノーピーク ローチェア30
  3. CAMPING

    寒さが楽しみ、自慢のストーブ
  4. 2017.SPR-005

    価値をつなげる。
  5. CAMPING

    オンヨネ ハイブリッドマスク
PAGE TOP