2015.SPR-001

アークテリクスが『靴』の概念を変える

シューズまでアークテリクス

心が惹かれるアークのシューズ

緻密で繊細、かつ膨大な手間を惜しまず、職人の手で丁寧に作られている素晴らしい靴はたくさんある。
アウトドアの靴なんて、とんでもない極地でポロッと脱げたり壊れたりしてしまったら、それこそ命がなくなるほどの重要な装備だから、なおのこと。誰もが自分の冒険のお供として、信頼できる靴を選び抜いていることだろう。

それでもやっぱり、アークテリクスの靴が心をとらえる。
それだけの美しさとおもしろさが、この靴には詰まっている。すごくギュウギュウに、アウトドアをもっと楽しみたいというハートが、技術以上に載せられた靴なのだ。

靴の概念が変わってしまう

まず大胆にも、靴をインナーとアウターに分けてしまった。
足に心地よくフィットしつつ、ムレや熱気は逃がしてくれるインナーは、一部のモデルでは完全に取り外すことができ、テントシューズのようにも使えてしまう。
スリッポン形状で靴の「ベロ」がないから、足首周りはもっと快適になるかもしれない。

そしてとても堅牢なアウター。なんと、縫い目がない。すごく滑らかで、美しくさえある。
つま先も踵も強固に守られているのに、なんてスマートなんだろう。
見ているだけでうっとりするが、足を入れても未体験の心地よさと安心感があり、今すぐ歩き出したくなってくる。

こんなにスタイリッシュなら、あのウェアと、ザックと合わせて履いたらきっとキマる。あそこにも、あの山にも出かけて歩き心地を試してみよう。
靴ひとつで、次の週末のプランニングがもう止まらなくなってくる。

アークが新しくするのは、もちろん技術でありデザインだけれど、本当はきっとハートだ。
いつものコース、いつもの仲間でつい安心してしまう心に、新しさにチャレンジする刺激をくれる。アウトドアはいつも冒険で、一歩一歩を新しく選び続けるものだったって、そんなことまで思う靴を、この春は履こう。

 

ピックアップ記事

  1. すぐに使いたくなるワンパック
  2. 五感にかけられる魔法。
  3. ユニフレーム羽釜5号炊き&テーブルトップバーナー
  4. 感性のいざなうままに。
  5. 炎に寄り添う、大切な時間。

関連記事

  1. 2015.AUT-002

    足に寄り添う、イタリアの靴づくり

    スカルパ・ヒストリー秋山を訪ねるとき、冬山に挑むとき。その足元がス…

  2. 2017.SPR-005

    休息は最大の前進。 スリーピングマットの選び方。

    野外で安眠を満喫しようスリーピングマットの必要性テントで寝ると…

  3. COLUMN

    今年ならではの小物選び

    冬ってなんでこんなに、誰かに何かを贈りたくなるんでしょう。…クリスマ…

  4. CAMPING

    ただのマグなら、プレゼントしない

    家でいつも使っているマグカップを、サッと持ち歩いて、職場でも遊びでも…

  5. CAMPING

    パーゴワークス スナップ

    名前が「スナップ」、きっと英語の「すぐに」的な意味でのスナップなんだ…

  6. 2018.SPR-007

    感性のいざなうままに。

    アウトドアの醍醐味を、どう伝えたものかとふと考える日があります。体を動…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. CAMPING

    スナグパック ソロテント
  2. CAMPING

    回帰する心地よさ
  3. CAMPING

    スノーピーク ローチェア30
  4. 2018.SPR-007

    炎に寄り添う、大切な時間。
  5. CAMPING

    インド生まれの「映える」ジャグ
PAGE TOP