CAMPING

ヘリノックス×ペンドルトン コラボチェア

せっかくだから特別な椅子を

チェアをずっと探してるアウトドア民、多いハズ。
木のあれも良い、軽いあれも良い、安いあれも良い、…そして決められない。
どうしよう、と迷っていたら今年も新作の季節になって、
ついに出会った、出会ってしまった。
ヘリノックス×ペンドルトンのチェア。

これが運命の出会い、コラボチェア

ヘリノックスの良さはもう、わかってる。
と言いながら今まで手を出していなかったのは、
似た形がどこからともなくずらっと登場しているから…。
なんか値段も違うし…。
でも今回よーく見たら、もう一回、良さがわかってきた気がする。

ヘリノックスの本質はポールと関節だ。
だってもともと、テントなどのポールのトップブランド・DACが
自分たちのポールで椅子を作りたくて始まったのがヘリノックス。
パーツとしてテントを支えるだけでなく、主役としてファニチャを形作る。
ヘリノックスチェアのこの形の元祖はDACだし、
DACの自社ポール品質に対する自負と誇りがこのアイディアを生んだんだ。

まとめるとこんなにコンパクト

安定感やタフネスが他と段違いなのは、当たり前だ。
だから安心して、ゆったりと身を任せられる。
この「ホーム」シリーズは特にそうで、
アウトドア系のシリーズよりも
インテリアに馴染むデザイン性や、くつろぎを豊かにする安定性がスゴイ。
実は「ホーム」シリーズは、
DACの御曹司にしてヘリノックスの若きリーダー・ヤン氏が
日本のキャンプカルチャーに感じ入って生み出した、
家具としても通用するアウトドアギアのシリーズ。
だからすごく、自分の暮らしにしっくりくるオシャレ感があるんだな。

そこに張られたファブリックが今回、あの「ペンドルトン」。
ネイティブの伝統を感じさせる、150年のアメリカン・ライフスタイルの歴史を
最新技術のシステムに載せて、日本の家もキャンプもオシャレにしちゃう。
こんなチェアぜったい、他にない。
ようやく出会えた、ほんとに欲しかったのはこんなチェアだ。

ヘリノックスとペンドルトンのダブルネームが誇らしい

ヘリノックス×ペンドルトン チェアワンホーム

https://namchebazar.co.jp/pen19757004/

BUFF UVバフ前のページ

MSR ウインドバーナーパーソナルストーブシステム次のページ

ピックアップ記事

  1. デナリを着こなす
  2. イヴォン・シュイナードの魂を継ぐ『道具屋』
  3. スノーピーク×ペンドルトン タオルブランケットミッドサイズ
  4. 愛しのバッグで買い物気分を上々に
  5. オンヨネ ハイブリッドマスク

関連記事

  1. 2018.SPR-007

    感性のいざなうままに。

    アウトドアの醍醐味を、どう伝えたものかとふと考える日があります。体を動…

  2. CAMPING

    どれにしようか、焚火台

    焚火台オブ焚火台、いや焚火台の源流、とも言えるだろう。今やキャンプに…

  3. CAMPING

    寒さが楽しみ、自慢のストーブ

    年の瀬も迫ればそりゃあ、寒さも増してきます。今年の寒波はどうだとか、…

  4. CAMPING

    クリーンカンティーン インスレートTKワイド&タンブラー

    とことんクリーン、マイボトル使い捨てボトルにNO、素材は体に…

  5. 2017.AUT-006

    家族の手触り。

    ペンドルトンの歩み150年前のアメリカと言えばまだ、西部開拓時代の…

  6. 2016.AUT-004

    あたたかさは巡る、やさしさも巡る。

    パタゴニアのリサイクルダウン冬といえばダウン。ダウンジャケット…

最近の記事

Topics

  1. みんなで一緒にレトロX
  2. 今年ならではの小物選び
  3. 満たされる時間”ヒュッゲ”
  4. 遠くに行かない日のバッグ
  5. 寒いならDAS、間違いない
  1. CAMPING

    コールマン クイックアップIGシェード+
  2. CAMPING

    リバーズ サーモジャグ&「スリーク」カップ
  3. 2017.AUT-006

    動き続けるウェアで、自分を走り続ける。
  4. CAMPING

    プリムス エッセンシャルトレイルストーブ
  5. COLUMN

    フーディニウェア
PAGE TOP