登山靴

  1. 2017.SPR-005

    常に、ためらわない。 新しくなり続ける89歳。

    先鋭的チャレンジをやめないスポルティバスポルティバの商標としてのスタートは1928年。イタリア山麓で靴工場が創業し、そのまま現在までずっと、豊かな自然に…

  2. 2016.SPR-003

    お手入れは、あしたの準備。

    アウトドアギアのメンテナンスレインウェアやダウンジャケットは洗える、というのは確かに聞いたことがある気がする。でも、どうやって?慣れない…

  3. 2016.SPR-003

    リブート・サレワ

    受け継がれ、変革するサレワこのロゴを昔見た気がする、でもどこか違う。サレワは80年以上も前、乗馬用の鞍製造を生業としてドイツに誕生した歴史あるブランドだ…

  4. 2016.SPR-003

    遊び方を操縦できる靴。

    スポルティバの名品アプローチシューズ三千メートルを超える山にスニーカーでは挑めないように、靴は行先によっていろいろと履き替える必要がある。どこを歩くため…

  5. 2015.AUT-002

    足に寄り添う、イタリアの靴づくり

    スカルパ・ヒストリー秋山を訪ねるとき、冬山に挑むとき。その足元がスカルパの靴で守られているなら、その一歩一歩はとても安心で、そして誇らしいものになるはずだ。…

  6. 2015.SPR-001

    アークテリクスが『靴』の概念を変える

    シューズまでアークテリクス心が惹かれるアークのシューズ緻密で繊細、かつ膨大な手間を惜しまず、職人の手で丁寧に作られている素晴らしい靴はたくさんある。…

  1. 2016.SPR-003

    お手入れは、あしたの準備。
  2. 2016.SPR-003

    老舗の新しい炎。
  3. 2017.SPR-005

    休息は最大の前進。 スリーピングマットの選び方。
  4. 2017.AUT-006

    こだわり勝負、ここに結実。
  5. 2017.AUT-006

    ぜんぶ落として、でも落とさない。
PAGE TOP